ホーム > アルバム > AM232399 ヴァイル/クライスラー/ブルーネ/ホレンダー/O. シュトラウス/マーカッシュ/マッケベン:歌曲集(ソヴィアク)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
AM232399
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 映画音楽, 声楽曲
作曲家
クルト・ヴァイル Kurt Weill , アントン・カラス Anton Karas , ゲオルク・クライスラー Georg Kreisler , ペーター・クロイダー Peter Kreuder , オスカー・シュトラウス Oscar Straus , ノルベルト・シュルツェ Norbert Schultze , ローター・ブルーネ Lothar Brühne , コール・ポーター Cole Porter , フリードリヒ・ホレンダー Friedrich Hollaender , フレッド・マーカッシュ Fred Markush , テオ・マッケベン Theo Mackeben , オットー・ロイター Otto Reutter
作詞家
ゲオルク・クライスラー Georg Kreisler , アルフレート・グリュンヴァルト Alfred Grünwald , ギュンター・シュヴェン Gunther Schwenn , ブルーノ・バルツ Bruno Balz , アルド・フォン・ピネッリ Aldo von Pinelli , ハンス・フリッツ・ベックマン Hans Fritz Beckmann , フリードリヒ・ホレンダー Friedrich Hollaender , M・ムライネク M. Mleinek , ハンス・ライプ Hans Leip , オットー・ロイター Otto Reutter , フリッツ・ロッター Fritz Rotter
編曲者
フリッツ・ミュールホルツァー Fritz Muhlholzer
アーティスト
オクサーナ・ソヴィアク Oksana Sowiak , フリッツ・ミュールホルツァー Fritz Muhlholzer

ヴァイル/クライスラー/ブルーネ/ホレンダー/O. シュトラウス/マーカッシュ/マッケベン:歌曲集(ソヴィアク)

Vocal Recital: Sowiak, Oksana - WEILL, K. / KREISLER, G. / BRUHNE, L. / HOLLAENDER, F. / STRAUS, O. / MARKUSH, F. / MACKEBEN, T. / REUTTER, O.

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/AM232399

全トラック選択/解除

クルト・ヴァイル - Kurt Weill (1900-1950)

**:**
三文オペラ - メッキー・メッサーの殺人物語大道歌(マック・ザ・ナイフのバラード)
1.

Die Dreigroschenoper (The Threepenny Opera): Moritat von Mackie Messer (Ballad of Mac the Knife) (arr. F. Muhlholzer)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/406740

ゲオルク・クライスラー - Georg Kreisler (1922-2011)

**:**
全世界よ神に感謝あれ
2.

Mein Mann will mich verlassen, Gott sei Dank (arr. F. Muhlholzer)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/406741

ローター・ブルーネ - Lothar Brühne (1900-1958)

**:**
Der Blaufuchs: Kann die Liebe Sunde sein? (arr. F. Muhlholzer)
3.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/406742

フリードリヒ・ホレンダー - Friedrich Hollaender (1896-1976)

**:**
Der blaue Engel: Ich bin von Kopf bis Fuss (arr. F. Muhlholzer)
4.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/406744

オスカー・シュトラウス - Oscar Straus (1870-1954)

**:**
Warum soll eine Frau kein Verhaltnis haben? (arr. F. Muhlholzer)
5.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/406745

フリードリヒ・ホレンダー - Friedrich Hollaender (1896-1976)

**:**
Der blaue Engel: Kinder, heut' abend, da such' ich mir was aus (arr. F. Muhlholzer)
6.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/406746
 
**:**
Sturme der Leidenschaft: Ich weiss nicht, zu wem ich gehore (arr. F. Muhlholzer)
7.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/406755
**:**
Liebe war es nie (arr. F. Muhlholzer)
8.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/406747

テオ・マッケベン - Theo Mackeben (1897-1953)

**:**
ベル・アミ
9.

Bel Ami (arr. F. Muhlholzer)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/406756

オットー・ロイター - Otto Reutter (1870-1931)

**:**
Nehm se 'n Alten (arr. F. Muhlholzer)
10.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/406748

ペーター・クロイダー - Peter Kreuder (1905-1981)

**:**
Du musst die Manner schlecht behandeln (arr. F. Muhlholzer)
11.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/406749
 
**:**
Kora Terry: Für eine Nacht voller Seligkeit (arr. F. Muhlholzer)
12.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/406750

コール・ポーター - Cole Porter (1891-1964)

**:**
Mein Mann ist verhindert (arr. F. Muhlholzer)
13.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/406751

フリードリヒ・ホレンダー - Friedrich Hollaender (1896-1976)

**:**
Der Mann: Wenn ich mir was wunschen durfte (arr. F. Muhlholzer)
14.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/406752

ノルベルト・シュルツェ - Norbert Schultze (1911-2002)

**:**
Lili Marlene (arr. F. Muhlholzer)
15.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/406753

アントン・カラス - Anton Karas

**:**
Der dritte Mann (arr. F. Muhlholzer)
16.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/406754
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: 誤毒バスター 投稿日:2011/06/15
ドイツのキャバレー・ソング集をオクサナが肩の力を抜いた非クラシック発声法でシャンソン風味にして歌っている。一聴するや、軍人たちが夜な夜な通い、タバコの煙が充満する酒場でダンスに打ち興じる男女、といった映画でお馴染みのワン・シーン、のような脳天気(ノンシャラン)。独奏ギターで始まる<マック・ザ・ナイフ>のクルト・ヴァイル以下、ここに登場する当時の作曲家たちや歌手(マレーネ・ディートリッヒ)はナチスドイツ政権の圧迫を逃れ、ドイツ国外に活動の場(主にアメリカ)を求め、祖国と対峙せざるを得なかった人々である。そして、終曲のギターが奏でる<第三の男>。敗戦後の廃墟ウィーンを舞台の名画に強烈な印象を残したが、音楽的成功に反して地元ウィーンの音楽界からは冷遇視されたチター演奏者・作曲家アントン・カラス。オリジナル・サントラのチター演奏が華やかで躍動感溢れたのに対して、ここでのギター編曲演奏はまるで葬送曲のようにフェイド・アウトしつつ彼方に去って行く。オクサーナの退廃的な甘い歌声の裏に刺を含み隠した、これは、心ならずも生地を居場所とすることができなかった人々と、狂気と喧騒、殺戮のあの時代への、再来無きを願う、挽歌の組曲なのである。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。