ホーム > アルバム > ARC-2.4 ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」(1881年ハース版)(シュトゥットガルト放送響/シューリヒト)(1955)

ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」(1881年ハース版)(シュトゥットガルト放送響/シューリヒト)(1955)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
ARC-2.4
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
アントン・ブルックナー Anton Bruckner
アーティスト
カール・シューリヒト Carl Schuricht , シュトゥットガルト放送交響楽団 Stuttgart Radio Symphony Orchestra

ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」(1881年ハース版)(シュトゥットガルト放送響/シューリヒト)(1955)

BRUCKNER, A.: Symphony No. 4, "Romantische" (1881 version, ed. R. Haas) (Schuricht) (1955)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/ARC-2.4

全トラック選択/解除

アントン・ブルックナー - Anton Bruckner (1824-1896)

**:**
交響曲第4番 変ホ長調 「ロマンティック」 WAB 104 (1881年稿・ハース版)

Symphony No. 4 in E-Flat Major, WAB 104, "Romantic" (1881 version, ed. R. Haas)

録音: 5 April 1955, Stuttgart
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1876766
**:**
»  I. Bewegt, nicht zu schnell
1.

-

**:**
»  II. Andante quasi allegretto
2.

-

**:**
»  III. Scherzo: Bewegt
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Bewegt, doch nicht zu schnell
4.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: apo2 投稿日:2012/03/19
数あるブルックナー交響曲演奏の中でも定評のあるシュリーヒト指揮の演奏である。癖のある巨匠クパナーツブッシュの演奏と比べても甲乙つけ難い。どの楽章も安定していながら適度な緊張感を保ちつつ進行する演奏は、歴史に名を刻む名演である。 録音こそ古いが、演奏はその録音年代を感じさせないフレッシュさを聴いてほしい。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。