ホーム > アルバム > ARIADNE5004 J.S. バッハ:カンタータ集 - BWV 11, 67, 243 (フェリアー/ウィーン国立歌劇場合唱団/カンタータ・シンガーズ/アンドレーエ/ジェイクス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
ARIADNE5004
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
ヨハン・ゼバスティアン・バッハ Johann Sebastian Bach
作詞家
ヤコブ・エーベルト Jakob Ebert , 新約聖書 Bible - New Testament , 不詳 Anonymous , サロモ・フランク Salomo Franck , ニコラウス・ヘルマン Nikolaus Herman
アーティスト
フォルクマール・アンドレーエ Volkmar Andreae , ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 Vienna Philharmonic Orchestra , ウィーン国立歌劇場合唱団 Vienna State Opera Chorus , オットー・エーデルマン Otto Edelmann , カンタータ・シンガーズ Cantata Singers, The , ジェイクス管弦楽団 Jacques Orchestra, The , レジナルド・ジャックス Reginald Jacques , イルムガルト・ゼーフリート Irmgard Seefried , ウィリアム・パーソンズ William Parsons , ウィリアム・ハーバート William Herbert , キャスリーン・フェリアー Kathleen Ferrier , エナ・ミッチェル Ena Mitchell , フーゴ・メイヤー=ウェルフィング Hugo Meyer-Welfing , フリードル・リーグラー Friedl Riegler

J.S. バッハ:カンタータ集 - BWV 11, 67, 243 (フェリアー/ウィーン国立歌劇場合唱団/カンタータ・シンガーズ/アンドレーエ/ジェイクス)

BACH, J.S.: Sacred Cantatas - BWV 11, 67, 243 (In Celebration of Bach) (K. Ferrier, Vienna State Opera Chorus, The Cantata Singers, Andreae, Jacques)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/ARIADNE5004

全トラック選択/解除

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ - Johann Sebastian Bach (1685-1750)

**:**
マニフィカト ニ長調 BWV 243

Magnificat in D Major, BWV 243

録音: 10 June 1950, Grosser Musikvereinssaal, Vienna, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7085348
**:**
»  Magnificat anima mea (Chorus)
1.

-

**:**
»  Et exultavit (Soprano 2)
2.

-

**:**
»  Quia respexit (Soprano 1)
3.

-

**:**
»  Omnes generationes (Chorus)
4.

-

**:**
»  Quia fecit mihi magna (Bass)
5.

-

**:**
»  Et misericordia (Alto, Tenor)
6.

-

**:**
»  Fecit potentiam (Chorus)
7.

-

**:**
»  Deposuit potentes (Tenor)
8.

-

**:**
»  Esurientes (Alto)
9.

-

**:**
»  Suscepit Israel (Soprano 1, Soprano 2, Alto)
10.

-

**:**
»  Sicut locutus est (Chorus)
11.

-

**:**
»  Gloria Patri (Chorus)
12.

-

 
**:**
昇天祭オラトリオ 「御国にまします神を讃えよ」 BWV 11 (英語歌唱)

Ascension Oratorio: Lobet Gott in seinen Reichen, BWV 11 (Sung in English)

録音: 6 October / 1 November 1949, Kingsway Hall, London, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7085360
**:**
»  Praise our God who reigns in heaven (Lobet Gott in seinen Reichen) (Chorus)
13.

-

**:**
»  Recitative: Then Jesus lifted His hands to heaven (Der Herr Jesus hub seine Hande auf) (Tenor)
14.

-

**:**
»  Recitative: My Saviour, is the parting hour so near? (Ach, Jesu, ist dein Abschied schon so nah?) (Bass)
15.

-

**:**
»  Aria: Ah, tarry yet, my dearest Saviour (Ach bleibe doch, mein liebstes Leben) (Alto)
16.

-

**:**
»  Recitative: And behold He rose from the midst (Und ward aufgehaben zusehends) (Tenor)
17.

-

**:**
»  Chorale: Now at Thy feet creation lies (Nun lieget alles unter dir) (Chorus)
18.

-

**:**
»  Recitative and Duet: And while they looked steadfastly into heaven (Und da sie ihm nachsahen) (Tenor, Bass)
19.

-

**:**
»  Aria: Ye honest men (Tenor, Bass)
20.

-

**:**
»  Recitative: Ah Lord, now quickly come again (Ach ja! So komme bald zuruck) (Alto)
21.

-

**:**
»  Aria: Jesus, all Thy loving kindness (Jesu, deine Gnadenblicke) (Soprano)
22.

-

**:**
»  Chorus: When will the night be over? (Sung in English)
23.

-

 
**:**
イエス=キリストを記憶にとどめよ BWV 67 (英語歌唱)

Halt im Gedächtnis Jesum Christ, BWV 67 (Sung in English)

録音: 3 November 1949, Kingsway Hall, London, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7085361
**:**
»  Hold in affection Jesus Christ (Chorus)
24.

-

**:**
»  Christ Jesus now is risen (Tenor)
25.

-

**:**
»  Lord Jesus, thou the sting of death (Alto)
26.

-

**:**
»  Come all and hail this King (Chorus)
27.

-

**:**
»  And still, O Lord (Alto)
28.

-

**:**
»  Peace be unto you! (Bass, Bass, Chorus)
29.

-

**:**
»  Lord Christ, Thou art the Prince (Chorus)
30.

-

 
**:**
心と口と行いと命もて BWV 147 - コラール 「主よ、人の望みの喜びよ」(英語歌唱)
31.

Herz und Mund und Tat und Leben, BWV 147: Chorale: Jesu, Joy of Man's Desiring (Sung in English)

録音: 8 November 1949, Kingsway Hall, London, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7085362
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2019/04/01
イギリスが誇る名歌手キャスリーン・フェリアが歌うバッハの名唱集。マニフィカトは初出音源となります。これは1950年、彼女が初めてウィーンを訪れた際に行われた国際バッハ・フェスティヴァルによる「バッハ没後200年」記念公演の録音で、この時にはロ短調ミサ曲と、マタイ受難曲、そしてマニフィカトが演奏されました。フェリアにとってバッハは大切なレパートリーでしたが、マニフィカトだけはあまり歌う機会がなく、この公演の前に一回だけ歌った(1949年7月、アムステルダム・コンセルトヘボウにて)記録はあるものの、これ以降は二度と歌わなかったという演目でした。マタイ受難曲とミサ曲は、何度かアルバムとしてリリースされものの、このマニフィカトだけはなぜか忘れられており、演奏から68年後にようやく録音が発見され、今回のリリースとなりました。しみじみとした歌声がきわめて魅力的です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。