ホーム > アルバム > ARIADNE5005 エルガー:エニグマ変奏曲/チェロ協奏曲/交響的習作「ファルスタッフ」(ピアティゴルスキー/NBC響/バルビローリ/ロジンスキ/トスカニーニ)

エルガー:エニグマ変奏曲/チェロ協奏曲/交響的習作「ファルスタッフ」(ピアティゴルスキー/NBC響/バルビローリ/ロジンスキ/トスカニーニ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
ARIADNE5005
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
エドワード・エルガー Edward Elgar
アーティスト
NBC交響楽団 NBC Symphony Orchestra , アルトゥーロ・トスカニーニ Arturo Toscanini , ニューヨーク・フィルハーモニック New York Philharmonic Symphony Orchestra , ジョン・バルビローリ John Barbirolli , グレゴール・ピアティゴルスキー Gregor Piatigorsky , アルトゥール・ロジンスキ Artur Rodzinski

エルガー:エニグマ変奏曲/チェロ協奏曲/交響的習作「ファルスタッフ」(ピアティゴルスキー/NBC響/バルビローリ/ロジンスキ/トスカニーニ)

ELGAR, E.: Enigma Varations / Cello Concerto / Falstaff (Elgar from America, Vol. 1) (Piatigorsky, NBC Symphony, Barbirolli, Rodziński, Toscanini)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/ARIADNE5005

全トラック選択/解除

エドワード・エルガー - Edward Elgar (1857-1934)

**:**
エニグマ変奏曲 Op. 36 (管弦楽版)

Variations on an Original Theme, Op. 36, "Enigma" (version for orchestra)

録音: 5 November 1949, Radio City Studio 8H, New York City, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7133362
**:**
»  Theme: Andante
1.

-

**:**
»  Variation 1: C. A. E. (The Composer's Wife) —
2.

-

**:**
»  Variation 2: H. D. S-P. (Hew David Steuart-Powell) —
3.

-

**:**
»  Variation 3: R. B. T. (Richard Baxter Townshend) —
4.

-

**:**
»  Variation 4: W. M. B. (William Meath Baker) —
5.

-

**:**
»  Variation 5: R. P. A. (Richard Penrose Arnold) —
6.

-

**:**
»  Variation 6: Ysobel (Isabel Fitton) —
7.

-

**:**
»  Variation 7: Troyte (Troyte Griffith)
8.

-

**:**
»  Variation 8: W. N. (Winifred Norbury) —
9.

-

**:**
»  Variation 9: Nimrod (A. J. Jaeger) —
10.

-

**:**
»  Variation 10: Intermezzo: Dorabella (Dora Penny) —
11.

-

**:**
»  Variation 11: G. R. S. (George Robertson Sinclair)
12.

-

**:**
»  Variation 12: B. G. N. (Basil G. Nevinson) —
13.

-

**:**
»  Variation 13: Romanza: *** (Lady Mary Lygon) —
14.

-

**:**
»  Variation 14: Finale: E. D. U. (The Composer)
15.

-

 
**:**
チェロ協奏曲 ホ短調 Op. 85

Cello Concerto in E Minor, Op. 85

録音: 10 November 1940, Carnegie Hall, New York City, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7133363
**:**
»  I. Adagio - Moderato
16.

-

**:**
»  II. Lento - Allegro molto
17.

-

**:**
»  III. Adagio
18.

-

**:**
»  IV. Allegro - Moderato - Allegro ma non troppo
19.

-

 
**:**
交響的習作「ファルスタッフ」 Op. 68

Falstaff, Op. 68

録音: 10 October 1943, Carengie Hall, New York City, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7133364
**:**
»  Falstaff and Prince Henry: Allegro -
20.

-

**:**
»  Eastcheap. The Robbery at Gadshill. The Boar's Head Again. Revelry and Sleep
21.

-

**:**
»  Dream Interlude
22.

-

**:**
»  Falstaff's March. The Return through Gloucestershire. The New King and the Hurried Ride to London.
23.

-

**:**
»  Interlude: In Shallow's Orchard
24.

-

**:**
»  King Henry V's Progress: The Repudiation of Falstaff and His Death
25.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2019/05/01
1905年、自作を指揮するために初めてアメリカを訪問したエルガー。以降、その翌年1906年と1907年、そして1911年の合計4回アメリカを訪れています。彼の作品はアメリカでも人気を博し、とりわけ「威風堂々」はアメリカの高校、大学の卒業式に欠かせない作品となりました。このアルバムには1940年代のアメリカで録音された3つの作品を収録。1949年にトスカニーニとNBC交響楽団が演奏した「エニグマ」変奏曲、ピアティゴルスキーの唯一の録音となった「チェロ協奏曲」、ロジンスキの指揮による、イギリス国内ではなかなか認められることのなかった晩年の作品「ファルスタッフ」、どれもアメリカで着実に息づくエルガー人気を反映した熱演です。これらはどれもオーディオ・エンジニア、ラニ・スパーの入念なリマスタリングによって当時の音が鮮やかに蘇っています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。