ホーム > アルバム > ARTS47177-2 オルフ:カルミナ・ブラーナ(クラクフ・フィルハーモニー合唱団&管弦楽団/ペンデレツキ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
ARTS47177-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(世俗曲)
作曲家
カール・オルフ Carl Orff
作詞家
不詳 Anonymous
アーティスト
ピョートル・クシェヴィチ Piotr Kusiewicz , クラクフ・フィルハーモニー合唱団 Cracow Philharmonic Chorus , クラクフ・フィルハーモニー管弦楽団 Cracow Philharmonic Orchestra , ロルフ・ハーフェンシュタイン Rolf Havenstein , ヴェンチェスラヴァ・フルーバ=フライブルガー Venceslava Hruba-Freiburger , クシシュトフ・ペンデレツキ Krzysztof Penderecki

オルフ:カルミナ・ブラーナ(クラクフ・フィルハーモニー合唱団&管弦楽団/ペンデレツキ)

ORFF, C.: Carmina Burana (Crakow Philharmonic Chorus and Orchestra, Penderecki)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/ARTS47177-2

全トラック選択/解除

カール・オルフ - Carl Orff (1895-1982)

**:**
カルミナ・ブラーナ

Carmina Burana

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1052995
**:**
»  Fortuna Imperatrix Mundi: O Fortuna
1.

-

**:**
»  Fortuna Imperatrix Mundi: Fortune plango vulnera
2.

-

**:**
»  I. Primo vere: Veris leta facies
3.

-

**:**
»  I. Primo vere: Omnia sol temperat
4.

-

**:**
»  I. Primo vere: Ecce gratum
5.

-

**:**
»  Uf dem anger: Tanz
6.

-

**:**
»  Uf dem anger: Floret Silva
7.

-

**:**
»  Uf dem anger: Chramer, gip die varwe mir
8.

-

**:**
»  Uf dem anger: Reie
9.

-

**:**
»  Uf dem anger: Were diu werlt alle min
10.

-

**:**
»  II. In taberna: Estuans interius
11.

-

**:**
»  II. In taberna: Olim lacus colueram
12.

-

**:**
»  II. In taberna: Ego sum abbas
13.

-

**:**
»  II. In taberna: In taberna quando sumus
14.

-

**:**
»  III. Cour d'amours: Amor volat undique
15.

-

**:**
»  III. Cour d'amours: Dies, nox et omnia
16.

-

**:**
»  III. Cour d'amours: Stetit puella
17.

-

**:**
»  III. Cour d'amours: Circa mea pectora
18.

-

**:**
»  III. Cour d'amours: Si puer cum puellula
19.

-

**:**
»  III. Cour d'amours: Veni, veni, venias
20.

-

**:**
»  III. Cour d'amours: In trutina
21.

-

**:**
»  III. Cour d'amours: Tempus est iocundum
22.

-

**:**
»  III. Cour d'amours: Dulcissime
23.

-

**:**
»  Blanziflor et Helena: Ave formosissima
24.

-

**:**
»  Fortuna Imperatrix Mundi: O Fortuna
25.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: はやしひろし 投稿日:2011/06/23
ARTSレーベルが参加し、このディスクがアップされたとは、何とも感慨深いです。 指揮のペンデレツキとは、作曲の方で有名なあのペンデレツキです。そのペンデレツキがカルミナを振るとどうなるか?ということですが、これがムチャクチャおもしろい。 聞いたことのないようなタメやギヤチェンジが随所に現れ、それについていけてないオケがいたるところでズッコケているし、思わず仰け反りそうになる打楽器の炸裂があったり、逆に「叩いちゃて大丈夫なのかな?」って自信なさそうな(笑)箇所があったりと、笑いどころ、ツッコミどころ満載のカルミナになっています。 決して名演ではなく、ハッキリ言って下手で(ペンデレツキの指揮がヘタなのか?)、いわゆる“と演”なのですが、なんの特長も個性も無い無色無臭の演奏が多く、さらにそれが良しとされることが多い現在、音楽を聞く楽しみのひとつとして、私はこんな演奏こそ価値がある、と思っております。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。