ホーム > アルバム > Amstel2006-01 ヨハン・デ・メイ:交響曲第3番「プラネット・アース」(北オランダ管/タウスク)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
Amstel2006-01
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ヨハン・デ・メイ Johan de Meij
アーティスト
オットー・タウスク Otto Tausk , 北オランダ管弦楽団 North Netherlands Orchestra

ヨハン・デ・メイ:交響曲第3番「プラネット・アース」(北オランダ管/タウスク)

MEIJ, J. de: Symphony No. 3, "Planet Earth" (North Netherlands Orchestra, Tausk)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/Amstel2006-01

全トラック選択/解除

ヨハン・デ・メイ - Johan de Meij (1953-)

**:**
交響曲第3番 「プラネット・アース」

Symphony No. 3, "Planet Earth"

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/386437
**:**
»  I. Lonely Planet
1.

-

**:**
»  II. Planet Earth
2.

-

**:**
»  III. Mother Earth
3.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: tanukawa 投稿日:2010/01/29
いきなり始まりは「何だ?」と思うエフェクトの連続。ただそのサウンド・エフェクトの録音が面白くてスピーカを音がいたりきたりします。この曲は前2曲の交響曲と違ってオーケストラのために書かれて後から吹奏楽に編曲されています。最初から吹奏楽だと思いこんで聴いていて1楽章の途中でやっと気がつきました。ちなみにこの演奏のオケが委嘱・初演です。曲調はやっぱりデ=メイだなあと思わせるところもありますが(もちろんそこが好きなファンも多いわけで)前作2つに比べてパレットにのっている絵の具が随分増えたなという感じです。オケとSEと女性コーラスというまるでハリウッド映画のSF作品のような編成の楽しい曲です

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。