ホーム > アルバム > BCD9267 チハラ:陽射しは無いかい/ピアノ五重奏曲「ラ・フォーチェ」/ミニドカ/パフューム川の午後(ロジェ/イザイ弦楽四重奏団/ワイス・カプラン・ニューマン三重奏団)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
BCD9267
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽, 交響曲/管弦楽曲
作曲家
ポール・チハラ Paul Chihara
アーティスト
バーバラ・アレン Barbara Allen , イザイ弦楽四重奏団 Ysaÿe String Quartet , ヴァイス=カプラン=ニューマン・トリオ Weiss-Kaplan-Newman Trio , オーデンセ交響楽団 Odense Symphony Orchestra , リチャード・オニール Richard O'Neill , アラン・R・ケイ Alan R. Kay , ダニエル・ドラックマン Daniel Druckman , ポール・マン Paul Mann , パスカル・ロジェ Pascal Rogé

チハラ:陽射しは無いかい/ピアノ五重奏曲「ラ・フォーチェ」/ミニドカ/パフューム川の午後(ロジェ/イザイ弦楽四重奏団/ワイス・カプラン・ニューマン三重奏団)

CHIHARA, P.: Edition, Vol. 1 - Ain't No Sunshine / Piano Quintet, "La Foce" / Minidoka / An Afternoon on the Perfume River (Rogé, A.R. Kay, P. Mann)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/BCD9267

全トラック選択/解除

ポール・チハラ - Paul Chihara (1938-)

**:**
Ain't No Sunshine

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/262322
**:**
»  I. Adagio con fantasia
1.

-

**:**
»  II. Andante cantabile
2.

-

**:**
»  III. Allegro vivace
3.

-

 
**:**
Piano Quintet, "La Foce"

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/262323
**:**
»  I. Allegretto ma non troppo
4.

-

**:**
»  II. Allegretto - Allegro vivace
5.

-

**:**
»  III. Molto moderato - Allegretto ma non troppo
6.

-

 
**:**
Minidoka

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/262324
**:**
»  I. Calmo e moderato
7.

-

**:**
»  II. Festival Dance (Bon Odori)
8.

-

**:**
»  III. Haiku: Andnate cantabile
9.

-

 
**:**
An Afternoon on the Perfume River
10.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/262325
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: shiori 投稿日:2010/01/07
デスパレードな妻たちの音楽で有名な日系二世の作曲家、ポール・チハラのアルバムです。チハラの音楽はかなりたくさんの要素が垣間見られます、アメリカンカントリー調の楽天的な乗りが根本にあって、そしてこの人は引用音楽の王者です。これら室内楽曲では特にカントリー的な弾き方や乗りが強くみられ、開放的な初夏のアメリカを感じます、前半二曲はカントリー風やヨーロッパ風の引用が楽しく、後半二曲は、それに加えて日本民謡まで引用して、かなり面白いことになってます。日本民謡の旋律が代わる代わる狂詩曲のように沢山出てきて、その上読経の声のあとに50年代風の大衆アメリカ歌曲のオールドな歌が入って来て、これは笑っちゃいます。すらっと引用してる音楽が突っ込みをいれる時間もなく変わっていって、その引用のテクニックも素晴らしいです。パフェーム川の午後は、無調旋律が日本民謡に変わったりと、からっとしたアメリカで垢抜けた日系人の夏祭りをやってる雰囲気で、やはりからっとしたドライな要素と化した日本の音楽がもう一つ根底にあるのがチハラの個性でしょう。真冬ですが、初夏の雰囲気の音楽を聞くのもいいですね。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。