ホーム > アルバム > BIS-CD-1556 ロクシーン:悪の華/ハンガリー幻想曲/ジャングルにて(タベリー/レディク/グラーツ大管/スヴィエルシェヴスキ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
BIS-CD-1556
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲, 交響曲/管弦楽曲
作曲家
アレクサンドル・ラザレヴィチ・ロクシーン Alexander Lazarevich Lokshin
作詞家
フョードル・ソログープ Fyodor Sologub , シャルル・ボードレール Charles Baudelaire , Nikolai Zabolotsky
アーティスト
グラーツ大管弦楽団「レクリエーション」 Recreation - Graz Grosses Orchester , ミシェル・スヴィエルシェヴスキ Michel Swierczewski , ヴァンダ・タベリー Vanda Tabery , ヴォルフガング・レディク Wolfgang Redik

ロクシーン:悪の華/ハンガリー幻想曲/ジャングルにて(タベリー/レディク/グラーツ大管/スヴィエルシェヴスキ)

LOKSHIN, A.L.: Fleurs du mal (Les) / Hungarian Fantasy / In the Jungle (Tabery, Redik, Recreation - Graz Grosses Orchester, Swierczewski)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/BIS-CD-1556

全トラック選択/解除

アレクサンドル・ラザレヴィチ・ロクシーン - Alexander Lazarevich Lokshin (1920-1987)

**:**
悪の華

Les fleurs du mal

録音: July 2005, Helmut-List-Halle, Graz, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/397243
**:**
»  I. A une passante
1.

-

**:**
»  II. Parfum exotique
2.

-

**:**
»  III. Tristesse de la lune
3.

-

 
**:**
ハンガリー幻想曲
4.

Bengerskaya fantaziya (Hungarian Fantasy)

録音: July 2005, Helmut-List-Halle, Graz, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/397244
 
**:**
詩の芸術
5.

Iskusstvo poezii (The Art of Poetry)

録音: July 2005, Helmut-List-Halle, Graz, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/397245
 
**:**
シンフォニエッタ第2番
6.

Sinfonietta No. 2

録音: July 2005, Helmut-List-Halle, Graz, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/397246
 
**:**
ジャングルにて

In the Jungle

録音: July 2005, Helmut-List-Halle, Graz, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/397247
**:**
»  I. Introduction
7.

-

**:**
»  II. The Jungle
8.

-

**:**
»  III. Games of the Monkeys
9.

-

**:**
»  IV. The Night
10.

-

**:**
»  V. The Birds
11.

-

**:**
»  VI. The Drive Hunt
12.

-

**:**
»  VII. The Round-up - Finale
13.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: tanukawa 投稿日:2011/07/25
ロシアの、というよりソ連の作曲家ロクシーンは今ひとつ演奏・録音の機会に恵まれない作曲家です。昔はメロディアで幾つかレコードがあったように記憶しますが・・・。11曲の交響曲や2つのシンフォニエッタ等管弦楽曲を多く残しています。「悪の華」は卒業制作。いろんな意味でソ連らしからぬ作品だなあと思ったらやっぱり当局からだめ出しをくらっています。今後の録音が期待される作曲家ですね

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。