ホーム > アルバム > BIS-CD-681 マーラー:大地の歌(シェーンベルクによる室内楽編)(グロープ/シルヴァスティ/ラハティ響室内アンサンブル/ヴァンスカ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
BIS-CD-681
CD発売時期
1994年11月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲
作曲家
グスタフ・マーラー Gustav Mahler
作詞家
ハンス・ベートゲ Hans Bethge
編曲者
アルノルト・シェーンベルク Arnold Schoenberg
アーティスト
オスモ・ヴァンスカ Osmo Vänskä , モニカ・グロープ Monica Groop , ヨルマ・シルヴァスティ Jorma Silvasti , ラハティ交響楽団室内アンサンブル Sinfonia Lahti Chamber Ensemble

マーラー:大地の歌(シェーンベルクによる室内楽編)(グロープ/シルヴァスティ/ラハティ響室内アンサンブル/ヴァンスカ)

MAHLER: Lied von der Erde (Das)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/BIS-CD-681

全トラック選択/解除

グスタフ・マーラー - Gustav Mahler (1860-1911)

**:**
大地の歌 (シェーンベルクによる室内楽編)

Das Lied von der Erde (arr. for chamber orchestra by A. Schoenberg)

録音: 22, 24 May 1994, Jarvenpaa Concert Hall, Finland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/80995
**:**
»  I. Das Trinklied vom Jammer der Erde
1.

-

**:**
»  II. Der Einsame im Herbst
2.

-

**:**
»  III. Von der Jugend
3.

-

**:**
»  IV. Von der Schonheit
4.

-

**:**
»  V. Der Trunkene im Fruhling
5.

-

**:**
»  VI. Der Abschied
6.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: miwaosa 投稿日:2010/12/15
原典主義が主流となった現代においては、シューマンの交響曲を巨大化したモダン・オーケストラに適応させようと改変したマーラー版の評判は、決して芳しいものではありません。しかし、個人の嗜好によるとはいえ「ムソルグスキーの『展覧会の絵』はピアノ原曲よりラヴェル編曲のオーケストラ版でしょ」という方も多いのでは。さて、この『大地の歌』、シェーンベルクによる小編成の管弦楽編曲版です。複雑に絡み合う音の奔流に明解な道筋を見出し、原曲に色濃く充溢する寂寥感や厭世的な世界観をいっそう際立たせていると感じます。ヴァンスカの指揮は、首席を務めていた自国フィンランドのラハティ交響楽団を主体とするアンサンブルと独唱二人の熱演を見事に引き出しています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。