ホーム > アルバム > BIS-CD-928 マニャール:交響曲第2番, 第4番(マルメ響/T. ザンデルリンク)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
BIS-CD-928
CD発売時期
2000年1月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
アルベリク・マニャール Albéric Magnard
アーティスト
トーマス・ザンデルリンク Thomas Sanderling , マルメ交響楽団 Malmö Symphony Orchestra

マニャール:交響曲第2番, 第4番(マルメ響/T. ザンデルリンク)

MAGNARD: Symphonies Nos. 2 and 4

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/BIS-CD-928

全トラック選択/解除

Disc 1

アルベリク・マニャール - Albéric Magnard (1865-1914)

**:**
交響曲第2番 ホ長調 Op. 6

Symphony No. 2 in E Major, Op. 6

録音: August 1999, Malmo Concert Hall, Sweden
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/82478
**:**
»  I. Ouverture: Assez anime
1.

-

**:**
»  II. Danses: Vif
2.

-

**:**
»  III. Chant varie: Andante con moto
3.

-

**:**
»  IV. Final: Vif et gai
4.

-

Disc 2

アルベリク・マニャール - Albéric Magnard (1865-1914)

**:**
交響曲第4番 嬰ハ短調 Op. 21

Symphony No. 4 in C-Sharp Minor, Op. 21

録音: September 1998, Malmo Concert Hall, Sweden
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/82479
**:**
»  I. Modere - Allegro
1.

-

**:**
»  II. Vif
2.

-

**:**
»  III. Sans lenteur et nuance
3.

-

**:**
»  IV. Anime
4.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: yasu 投稿日:2019/03/15
《戦争により不慮の死を遂げた作曲家、最後のロマンティック交響曲》 日本ではほとんど演奏される機会のないフランスの作曲家、アルベリク・マニャール。第一次世界大戦に巻き込まれ49歳という若さでこの世を去ってしまったため、残された作品は30曲ほどですが、いずれも高い評価を受けています。交響曲は4曲残しており、第4番は死の数ヶ月前に完成した最後の作品。混沌とした雰囲気の第1楽章は、戦争の開始を予兆していたかのような空気が漂います。最終楽章は平和を祈るかのように、静かに終わります。マニャールの白鳥の歌をご堪能ください。来る3月22日、23日に、交響曲第4番が上岡敏之さんの指揮、新日本フィルハーモニー交響楽団により演奏されます。この貴重な演奏会をお見逃しなく!

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。