ホーム > アルバム > BIS-SACD-1852 ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番/ロマンス Op. 85/弦楽五重奏曲 イ短調(グルズマン/ベルゲン・フィル/リットン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
BIS-SACD-1852
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽, 交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
マックス・ブルッフ Max Bruch
アーティスト
イルゼ・クリャーヴァ Ilze Klava , ワディム・グルズマン Vadim Gluzman , サンディス・シュテインベルグス Sandis Šteinbergs , レイニス・ビルツニエクス Reinis Birznieks , ベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団 Bergen Philharmonic Orchestra , マキシム・リザノフ Maxim Rysanov , アンドルー・リットン Andrew Litton

ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番/ロマンス Op. 85/弦楽五重奏曲 イ短調(グルズマン/ベルゲン・フィル/リットン)

BRUCH, M.: Violin Concerto No. 1 / Romanze, Op. 85 / String Quintet in A Minor (Gluzman, Bergen Philharmonic, Litton)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/BIS-SACD-1852

全トラック選択/解除

マックス・ブルッフ - Max Bruch (1838-1920)

**:**
ヴァイオリン協奏曲第1番 ト短調 Op. 26

Violin Concerto No. 1 in G Minor, Op. 26

録音: October 2009, Grieg Hall, Bergen, Norway
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/935528
**:**
»  I. Prelude: Allegro moderato
1.

-

**:**
»  II. Adagio
2.

-

**:**
»  III. Finale: Allegro energico
3.

-

 
**:**
ロマンス ヘ長調 Op. 85
4.

Romanze in F Major, Op. 85

録音: October 2009, Grieg Hall, Bergen, Norway
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/935529
 
**:**
弦楽五重奏曲 イ短調

String Quintet in A Minor

録音: September 2009, Schloss Nordkirchen, Orangerie, Westphalia, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/935530
**:**
»  I. Allegro
5.

-

**:**
»  II. Allegro molto
6.

-

**:**
»  III. Adagio non troppo
7.

-

**:**
»  IV. Allegro
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: yasu 投稿日:2011/05/12
前作のコルンゴルトとドヴァリョーナスの協奏曲集(BIS-CD-1822)で名演を繰り広げたイスラエル出身のヴァイオリニスト、ワジム・グルズマンの最新盤はブルッフの1番をメインにしたアルバムです。ブルッフの協奏曲第1番は、荘厳な前奏曲で始まり、ヴァイオリンの重音が力強い第1主題を奏でます。グルズマンは重々しさの中でも、艶やかな音色でたっぷりと歌いっています。2楽章においても、そのカンタービレは変わりません。ブラームスの終楽章を連想させる第3楽章では、これまでの雰囲気を吹き飛ばすかのような、生き生きとしたスピード感溢れる演奏を魅せています。カップリングの弦楽五重奏はあまり聴く機会のない隠れた名作です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。