ホーム > アルバム > BZ1041 サン=サーンス:歌劇「銀の鈴」(ギュメット/デヴォス/モントヴィダス/シャオ・ユー/クリストヤニス/アクサンチュス室内合唱団/レ・シエクル/ロト)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
BZ1041
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
カミーユ・サン=サーンス Camille Saint-Saëns
作詞家
ジュール・バルビエ Jules Barbier
アーティスト
アクサンチュス室内合唱団 Accentus Chamber Choir , エレーヌ・ギュメット Hélène Guilmette , タシス・クリストヤニス Tassis Christoyannis , シャオ・ユー Yu Shao , マテュー・シャピュイ Matthieu Chapuis , ジョディー・デボス Jodie Devos , エドガラス・モントヴィダス Edgaras Montvidas , ジャン=イヴ・ラヴォー Jean-Yves Ravoux , レ・シエクル Siècles, Les , フランソワ=グザヴィエ・ロト François-Xavier Roth

サン=サーンス:歌劇「銀の鈴」(ギュメット/デヴォス/モントヴィダス/シャオ・ユー/クリストヤニス/アクサンチュス室内合唱団/レ・シエクル/ロト)

SAINT-SAËNS, C.: Timbre d'argent (Le) [Opera] (Guilmette, Devos, Montvidas, Yu Shaw, Christoyannis, Accentus Chamber Choir, Les Siècles, F.-X. Roth)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/BZ1041

全トラック選択/解除

Disc 1

カミーユ・サン=サーンス - Camille Saint-Saëns (1835-1921)

**:**
銀の鈴 - しあわせははかなきもの

Le timbre d'argent

録音: 26-27 June 2017, Studio de la Philharmonie de Paris, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8128182
**:**
»  Overture
1.

-

**:**
»  Act I Scene 1: Nuit d'ivresse et de fête! … (Bénédict, Chorus)
2.

-

**:**
»  Act I Scene 2: Eh bien? (Hélène, Rosa, Bénédict, Spiridion, Chorus)
3.

-

**:**
»  Act I Scene 2: Ô vain mirage! (Chorus)
4.

-

**:**
»  Act I Scene 3: Quoi? Vous partez? (Hélène, Rosa, Bénédict)
5.

-

**:**
»  Act I Scene 3: Ô Vierge mère (Hélène, Rosa)
6.

-

**:**
»  Act I Scene 4: Bénédict, quelles sont ces clameurs? (Bénédict, Conrad)
7.

-

**:**
»  Act I Scene 4: Humble et pauvre, es-tu donc heureux? (Bénédict, Conrad)
8.

-

**:**
»  Act I Scene 4: Non, non! que parles-tu d'unir à ma détresse (Bénédict, Conrad)
9.

-

**:**
»  Act I Scene 5: Carnaval! Carnaval! (Conrad, Chorus)
10.

-

**:**
»  Act I Scene 5: Dans le silence et l'ombre (Conrad)
11.

-

**:**
»  Act I Scene 5: Carnaval! Carnaval! (Conrad, Chorus)
12.

-

**:**
»  Act I Scene 6: Circé! renais à la vie (Chorus)
13.

-

**:**
»  Act I Scene 6: Ô rêve d'amour! … (Conrad, Bénédict, Spiridion, Chorus)
14.

-

**:**
»  Act II Scene 1: Entrance: Gloire à la belle (Chorus)
15.

-

**:**
»  Act II Scene 1: Un collier manquait aux atours (Conrad, Spiridion, Chorus)
16.

-

**:**
»  Act II Scene 1: Pas de l'abeille: Fiametta! (Conrad, Spiridion, Chorus)
17.

-

**:**
»  Act II Scene 1: À vous les dés, marquis (Conrad, Patrick, Spiridion, Chorus)
18.

-

**:**
»  Act II Scene 1: Pardon, ami Conrad (Bénédict, Conrad)
19.

-

**:**
»  Act II Scene 1: Romance: Le bonheur est chose légère (Hélène)
20.

-

**:**
»  Act II Scene 1: Dieu! j'ai cru … (Bénédict, Conrad)
21.

-

**:**
»  Act II Scene 2: Séduisante almée (Conrad, Spiridion, Chorus)
22.

-

**:**
»  Act II Scene 2: Chanson napolitaine: Qui je suis? (Spiridion, Conrad, Chorus)
23.

-

**:**
»  Act II Scene 3: Ô merveille! (Conrad, Spiridion, Chorus)
24.

-

**:**
»  Act II Scene 3: Finale: Dans le bruit et dans l'ivresse (Spiridion, Chorus)
25.

-

Disc 2

カミーユ・サン=サーンス - Camille Saint-Saëns (1835-1921)

**:**
銀の鈴 - しあわせははかなきもの

Le timbre d'argent

録音: 26-27 June 2017, Studio de la Philharmonie de Paris, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8128182
**:**
»  Act II Scene 3: Finale: Vivat! vive le vin (Conrad, Patrick, Spiridion, Chorus)
1.

-

**:**
»  Act III: Prélude
2.

-

**:**
»  Act III Scene 1: Voici le seuil hospitalier (Chorus)
3.

-

**:**
»  Act III Scene 1: La voici, mes amis (Un mendiant, Rosa, Chorus)
4.

-

**:**
»  Act III Scene 2: C'est là, là que mes mains (Hélène, Conrad)
5.

-

**:**
»  Act III Scene 4: Pardon, seigneur Conrad (Hélène, Conrad, Spiridion)
6.

-

**:**
»  Act III Scene 5: Quel trouble s'empare (Conrad)
7.

-

**:**
»  Act III Scene 6: Bien joué! (Bénédict, Spiridion, Chorus)
8.

-

**:**
»  Act III Scene 6: L'humble papillon de nuit (Rosa, Bénédict, Chorus)
9.

-

**:**
»  Act III Scene 7: Holà, mes amis! (Rosa, Bénédict, Spiridion, Chorus)
10.

-

**:**
»  Act III Scene 7: Plus vive que l'oiseau (Chorus)
11.

-

**:**
»  Act III Scene 7: Finale: Ha! Heiza! (Hélène, Rosa, Bénédict, Conrad, Spiridion, Chorus)
12.

-

**:**
»  Act IV Scene 1: Quelle invisible main me pousse (Conrad, Chorus)
13.

-

**:**
»  Act IV Scene 2: Carnaval! Carnaval! (Conrad, Chorus)
14.

-

**:**
»  Act IV Scene 2: L'oiseau perdu dans l'espace (Hélène, Conrad, Spiridion, Chorus)
15.

-

**:**
»  Act IV Scene 2: Ballade: Sur le sable brille (Spiridion, Conrad, Chorus)
16.

-

**:**
»  Act IV Scene 2: À moi! filles d'enfer! (Conrad, Spiridion, Chorus)
17.

-

**:**
»  Act IV Scene 2: Que me veux-tu? … (Hélène, Conrad, Spiridion, Chorus)
18.

-

**:**
»  Act IV Scene 2: Je ne suis qu'une humble fille (Hélène, Conrad, Chorus)
19.

-

**:**
»  Act IV Scene 2: Hélène! (Hélène, Conrad, Spiridion, Chorus)
20.

-

**:**
»  Act IV Scene 2: Mais non (Hélène, Conrad, Bénédict, Chorus)
21.

-

**:**
»  Act IV Scene 3: Finale: Ô Vierge mère (Hélène, Rosa, Bénédict, Conrad, Spiridion)
22.

-

**:**
»  Act IV Scene 3: Finale: À vous mon âme! (Hélène, Rosa, Bénédict, Conrad, Spiridion, Chorus)
23.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2020/06/01
【サン=サーンス初めての歌劇、ロトのタクトと豪華メンバーで世界初録音!】サン=サーンスが1865年に初めて書いた歌劇《銀の鈴》は、紆余曲折を経て1877年2月23日にパリのオペラ・コミック座で初演されました。台本はオッフェンバックの《ホフマン物語》も手掛けた2人です。美しい魔女の愛を得るための金貨、それを手に入れるためには銀の鈴を鳴らさなけらばなりません。しかしその鈴を鳴らすたびに、周りの誰かが犠牲になっていきます。最初はコンラッドの義理の父、次は彼の親友の一人…そんな悪夢が描かれています。ここで使用されているのは1914年の最終版で、作曲から50年の間、10回もの改訂が行われたと言います。目を引くのは豪華な歌手陣で、フランス・オペラと歌曲いずれも高い評価を得ているエレーヌ・ギュメット、バロックから19世紀まで幅広いレパートリーで近年急速に人気を高めているジョディ・デヴォス、現代オペラでも活躍するエドガラス・モントヴィダス、19世紀フランスの作品を特に得意としているタシス・クリストヤニスといった面々を、ロトが手堅くまとめています。管弦楽はもちろん、19世紀以降の作品に古楽器を使ったピリオド奏法で申し分ない実績をあげてきた手兵レ・シエクル、そして合唱には少数精鋭でピリオド解釈への対応も高く評価される声楽アンサンブル、アクサンチェスを起用。サン=サーンスのキャリア初期の知られざる大作に光を当て、その魅力を鮮烈に表現しています。フランス語のリブレットと英訳、ふんだんな資料画像を掲載した165ページにも及ぶカラーブックレット付き。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。