ホーム > アルバム > C10863 マーラー:交響曲第4番/さすらう若人の歌(E. シュタインによる室内オーケストラ編)(ベーア/リノス・アンサンブル)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
C10863
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲, 交響曲/管弦楽曲
作曲家
グスタフ・マーラー Gustav Mahler
作詞家
伝承 Traditional , グスタフ・マーラー Gustav Mahler
編曲者
アルノルト・シェーンベルク Arnold Schoenberg , エルヴィン・シュタイン Erwin Stein
アーティスト
アリソン・ブラウナー Alison Browner , オラフ・ベーア Olaf Bär , リノス・アンサンブル Linos Ensemble

マーラー:交響曲第4番/さすらう若人の歌(E. シュタインによる室内オーケストラ編)(ベーア/リノス・アンサンブル)

MAHLER, G.: Symphony No. 4 / Lieder eines fahrenden Gesellen (arr. E. Stein for chamber orchestra) (Browner, Bar, Linos Ensemble)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/C10863

全トラック選択/解除

グスタフ・マーラー - Gustav Mahler (1860-1911)

**:**
交響曲第4番 ト長調(室内オーケストラ編)

Symphony No. 4 in G Major (arr. E. Stein for chamber orchestra)

録音: 6-9 October 1999, Klaus-von-Bismarck-Saal, WDR-Funkhaus, Cologne, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2199914
**:**
»  I. Bedachtig, nicht eilen
1.

-

**:**
»  II. Im gemachlicher Bewegung - Ohne Hast
2.

-

**:**
»  III. Ruhevoll
3.

-

**:**
»  IV. Sehr behaglich
4.

-

 
**:**
さすらう若人の歌(編曲:A. シェーンベルク)

Lieder eines fahrenden Gesellen (Songs of a Wayfarer) (arr. A. Schoenberg for chamber orchestra)

録音: 22-23 October 1999, 16-18 March 2000, Klaus-von-Bismarck-Saal, WDR-Funkhaus, Cologne, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2199915
**:**
»  I. Wenn mein Schatz Hochzeit macht
5.

-

**:**
»  II. Ging heut' Morgen ubers Feld
6.

-

**:**
»  III. Ich hab' ein gluhend Messer
7.

-

**:**
»  IV. Die zwei blauen Augen
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: miwaosa 投稿日:2011/06/28
演奏者何人までが「室内楽」で、何人からが「オーケストラ」なのかしらん ? このアルバムで演奏されているのは、シェーンベルクが中心となって1918年にウィーンで旗揚げし、21年まで活動した「私的室内楽協会」の演奏会用のもの。マラ4はシェーンベルクの弟子であるシュタインが、若人の方は師自身が編曲しています。同時代の「現代音楽」だけを取り上げる、極めて野心的な試みだったようです。さて、冒頭の「疑問」です。このアルバムでは独唱者を除けば演奏者は13人。果たしてこれはオケか ? 室内楽か ? 私としては、見事に窯変した繊細な室内楽作品に聴こえました。「こっちの方が原曲より好き !」という方も多いのではないでしょうか。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。