ホーム > アルバム > C220021 ブリテン:ヴァイオリン協奏曲/二重協奏曲(スクリデ/ヴクチェヴィチ/ウィーン放送響/オルソップ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
C220021
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
ベンジャミン・ブリテン Benjamin Britten
アーティスト
ウィーン放送交響楽団 ORF Vienna Radio Symphony Orchestra , イヴァン・ヴクチェヴィチ Ivan Vukčević , マリン・オルソップ Marin Alsop , バイバ・スクリデ Baiba Skride

ブリテン:ヴァイオリン協奏曲/二重協奏曲(スクリデ/ヴクチェヴィチ/ウィーン放送響/オルソップ)

BRITTEN, B.: Violin Concerto / Double Concerto (Skride, Vukčević, ORF Vienna Radio Symphony, Alsop)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/C220021

全トラック選択/解除

ベンジャミン・ブリテン - Benjamin Britten (1913-1976)

**:**
ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 Op. 15

Violin Concerto in D Minor, Op. 15

録音: 9-10 October 2021, Radio Kulturhaus, Vienna, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10390982
**:**
»  I. Moderato con moto - Agitato - Tempo I -
1.

-

**:**
»  II. Vivace - Animando - Largamente - Cadenza -
2.

-

**:**
»  III. Passacaglia
3.

-

 
**:**
ヴァイオリンとヴィオラのための二重協奏曲(C.マシューズによる完成版)

Double Concerto for Violin and Viola

録音: 23 May 2022, Radio Kulturhaus, Vienna, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10390983
**:**
»  I. Allegro ma non troppo
4.

-

**:**
»  II. Rhapsody: Poco lento
5.

-

**:**
»  III. Allegro scherzando - Allegro ma non troppo
6.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2023/09/01
ラトヴィア出身のヴァイオリニスト、バイバ・スクリデと名指揮者マリン・オルソップが共演。曲目はブリテンの「ヴァイオリン協奏曲」と、あまり演奏されることのない「二重協奏曲」という興味深いものです。ヴァイオリン協奏曲は1939年、ブリテン25歳の作品。高度な技巧が要求される、激しく創意に富んだ第2楽章を、内省的な第1楽章とパッサカリア形式による荘重な第3楽章で挟んだ構成となっており、第二次世界大戦の開戦による不安な心情と反戦意思が反映された曲と言われています。ブリテンは1950年に作品をハイフェッツが演奏することをきっかけに、最終楽章のヴァイオリン・パートを書き直すなどの改訂を行い、その後も小さな改訂を加え、現在の形に落ち着いています。かたや二重協奏曲は、ブリテンが王立音楽大学に在学していた時期の作品。克明に書き込まれたスケッチがあるものの、なぜか総譜としては完成しておらず、彼の生前に演奏されることもありませんでした。ブリテンの死後、コリン・マシューズがスケッチに基づいてオーケストレーションを補筆完成、1997年6月15日にようやく初演されたという作品です。スクリデの演奏は、どちらの曲でもブリテン作品の持つ内省的、神秘的な雰囲気を大切にしながら、技巧的な部分では鮮やかに楽器を駆使し、最後まで緊張感をゆるめることなく一気に弾き切っています。二重協奏曲でヴィオラを弾くのはスイス・イタリア語放送管弦楽団のソロ・ヴィオラ奏者を務めるイヴァン・ヴクチェヴィチ。スクリデと息のあった演奏を聴かせます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。