ホーム > アルバム > C5027 ヴェレス:ピアノ協奏曲/ヴァイオリン協奏曲(バビンスキー/ベルリン・ドイツ響/エップル)

ヴェレス:ピアノ協奏曲/ヴァイオリン協奏曲(バビンスキー/ベルリン・ドイツ響/エップル)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
C5027
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
エゴン・ヴェレス Egon Wellesz
アーティスト
ロジャー・エップル Roger Epple , マルガレーテ・バビンスキー Margarete Babinsky , ダヴィッド・フリューヴィルト David Frühwirth , ベルリン放送交響楽団 Berlin Radio Symphony Orchestra (Radio-Sinfonie-Orchester Berlin)

ヴェレス:ピアノ協奏曲/ヴァイオリン協奏曲(バビンスキー/ベルリン・ドイツ響/エップル)

WELLESZ, E.: Piano Concerto / Violin Concerto (Babinsky, Fruhwirth, Berlin Radio Symphony, Epple)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/C5027

全トラック選択/解除

エゴン・ヴェレス - Egon Wellesz (1885-1974)

**:**
ピアノ協奏曲 Op. 49

Piano Concerto, Op. 49

録音: 25-27 June 2007, Jesus-Christus-Kirche, Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/405836
**:**
»  I. Lento
1.

-

**:**
»  II. Adagio
2.

-

**:**
»  III. Adagio
3.

-

 
**:**
ヴァイオリン協奏曲 Op. 84

Violin Concerto, Op. 84

録音: 22-25 April 2008, Jesus-Christus-Kirche, Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/405837
**:**
»  I. Largo – Allegretto – Allegro ma non troppo
4.

-

**:**
»  II. Adagio
5.

-

**:**
»  III. Scherzo. Vivace – Trio. Molto Più Lento
6.

-

**:**
»  IV. Andante sostenuto
7.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
「忘れられた音楽家の復興ブーム」のおかげで、ウィーン出身の作曲家、音楽学者エゴン・ヴェレシュの音楽も最近ようやく聴ける機会が増えてきました。ウィーン大学でアドラーに音楽学を学び、個人的にシェーンベルクに対位法を学び、並行してバロック・オペラやビザンチン様式の音楽の研究にも没頭、1920年にはシェーンベルクの伝記も執筆するほどの才人です。彼の作風は刻々と変化し、最終的には調性感が薄くなり、いわゆる「現代音楽」になるのですが、このピアノ協奏曲は明確ではないものの、調性に支配される部分も多く、第2楽章「夜想曲」での美しいヴァイオリン・ソロや、第3楽章の見事なまでにパターン化された音の羅列には胸がすく思いがします。ヴァイオリン協奏曲はもう少し現代的な音になっていますが、やはり古典的な形式を遵守した作品で、時折響く懐古的なメロディもたまりません。現代作品を得意とする女性ピアニスト、バビンスキとオーストリア出身のヴァイオリニスト、フリューヴィリスの2人もこの難しい音楽をきっちり弾きこなしています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。