ホーム > アルバム > C5156 カステルヌオーヴォ=テデスコ:ピアノ・レアリティーズ(マッサ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
C5156
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 協奏曲
作曲家
マリオ・カステルヌオーヴォ=テデスコ Mario Castelnuovo-Tedesco
アーティスト
ニュー・ブランデンブルク・フィルハーモニー管弦楽団 New Brandenburg Philharmonic Orchestra , ピエトロ・マッサ Pietro Massa , シュテファン・マルツェフ Stefan Malzew

カステルヌオーヴォ=テデスコ:ピアノ・レアリティーズ(マッサ)

CASTELNUOVO-TEDESCO, M.: Piano Rarities (Massa)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/C5156

全トラック選択/解除

Disc 1

マリオ・カステルヌオーヴォ=テデスコ - Mario Castelnuovo-Tedesco (1895-1968)

**:**
ピアノ協奏曲第1番 ト長調 Op. 46

Piano Concerto No. 1 in G Minor, Op. 46

録音: 11 November 2010, Live Recording, Konzertkirche Neubrandenburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2811758
**:**
»  I. Allegro giusto
1.

-

**:**
»  II. Andantino alla romanza
2.

-

**:**
»  III. Vivo e festoso
3.

-

 
**:**
ピアノ協奏曲第2番 ヘ長調 Op. 92

Piano Concerto No. 2 in F Major, Op. 92

録音: 11 November 2010, Live Recording, Konzertkirche Neubrandenburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2811790
**:**
»  I. Vivace e brillante
4.

-

**:**
»  II. Romanza, tranquillo e meditativo
5.

-

**:**
»  III. Vivo e impetuoso
6.

-

Disc 2

マリオ・カステルヌオーヴォ=テデスコ - Mario Castelnuovo-Tedesco (1895-1968)

**:**
La Sirenetta e il pesce turchino Op. 18
1.

La Sirenetta e il pesce turchino, Op. 18

録音: December 2009, September 2012, Siemens-Villa, Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2811791
 
**:**
仙人草と西洋山査子 Op. 21
2.

Vitalba e Biancospina, Op. 21

録音: December 2009, September 2012, Siemens-Villa, Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2811792
 
**:**
航行者 Op. 13
3.

I Naviganti, Op. 13

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2811793
 
**:**
海藻 Op. 12
4.

Alghe, Op. 12

録音: December 2009, September 2012, Siemens-Villa, Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2811794
 
**:**
ダビデ王の舞曲 Op. 37

Le danze del Re David, Op. 37

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2811795
**:**
»  I. Violento ed impetuoso
5.

-

**:**
»  II. Ieratico
6.

-

**:**
»  III. Rapido e selvaggio
7.

-

**:**
»  IV. Lento ed estatico
8.

-

**:**
»  V. Rude e ben ritmato
9.

-

**:**
»  VI. Malinconico e supplichevole
10.

-

**:**
»  VII. Allegro guerriero - Alla Chiusa, chiaro e solenne
11.

-

 
**:**
楽しみ Op. 54

Passatempi, Op. 54

録音: December 2009, September 2012, Siemens-Villa, Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2811796
**:**
»  I. Un poco mosso
12.

-

**:**
»  II. Un poco burlesco
13.

-

**:**
»  III. Un poco malinconico
14.

-

**:**
»  IV. Serenamente, quasi campestre
15.

-

**:**
»  V. Con brio alla Viennese
16.

-

**:**
»  Epilogo
17.

-

 
**:**
2つの映像のための習作 Op. 67

2 Film Studies, Op. 67

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2811799
**:**
»  No. 1. Charlie
18.

-

**:**
»  No. 2. Mickey Mouse
19.

-

 
**:**
海 Op. 86

Onde, Op. 86

録音: December 2009, September 2012, Siemens-Villa, Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2811797
**:**
»  No. 1. Onde corte
20.

-

**:**
»  No. 2. Onde lunghe
21.

-

 
**:**
パデレフスキへのオマージュ
22.

Homage to Paderewski

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2811798
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2013/04/01
日本では、どうしても「ギター音楽」の作曲家としか認識されていないカステルヌオーヴォ=テデスコ(1895-1968)。しかし彼が目指したものは、偉大な文学との融合であったり、自らのルーツであるユダヤ音楽へのオマージュであったりと、多種多様なものだったのです。映画音楽家としても目覚ましい活躍をした彼、この作品集のなかの「2つの映像のための習作」で、その輝きを知ることが可能でしょう。そして2曲のピアノ協奏曲の素晴らしいこと!華麗な響きもさることながら、全体に横溢する親しみやすさと、底抜けの明るさと超絶技巧。これを聴いてしまったらもう「ギターの作曲家」とは言えなくなること間違いなしです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。