ホーム > アルバム > C5166 シューマン/ヴォルフ:歌曲集(シュヴァネヴィルムス/ランゲ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
C5166
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲
作曲家
フーゴー・ヴォルフ Hugo Wolf , ロベルト・シューマン Robert Schumann
作詞家
ヨーゼフ・フォン・アイヒェンドルフ Joseph von Eichendorff , エドゥアルト・メーリケ Eduard Mörike
アーティスト
アンネ・シュヴァネヴィルムス Anne Schwanewilms , マヌエル・ランゲ Manuel Lange

シューマン/ヴォルフ:歌曲集(シュヴァネヴィルムス/ランゲ)

Vocal Recital: Schwanewilms, Anne - SCHUMANN, R. / WOLF, H.

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/C5166

全トラック選択/解除

ロベルト・シューマン - Robert Schumann (1810-1856)

**:**
リーダークライス Op. 39

Liederkreis, Op. 39

録音: 29 January - 01 February 2013, Casino Baumgarten, Vienna, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2997020
**:**
»  No. 1. In der Fremde (In Foreign Parts)
1.

-

**:**
»  No. 2. Intermezzo
2.

-

**:**
»  No. 3. Waldesgesprach (Colloquy in the Forest)
3.

-

**:**
»  No. 4. Die Stille (Quietness)
4.

-

**:**
»  No. 5. Mondnacht (Moonlit Night)
5.

-

**:**
»  No. 6. Schöne Fremde (Fair Foreign Land)
6.

-

**:**
»  No. 7. Auf einer Burg (On a Fortress)
7.

-

**:**
»  No. 8. In der Fremde (In Foreign Parts)
8.

-

**:**
»  No. 9. Wehmut (Melancholy)
9.

-

**:**
»  No. 10. Zwielicht (Twilight)
10.

-

**:**
»  No. 11. Im Walde (In the Forest)
11.

-

**:**
»  No. 12. Fruhlingsnacht (Spring Night)
12.

-

フーゴー・ヴォルフ - Hugo Wolf (1860-1903)

**:**
メーリケ詩集(抜粋)

Gedichte von Eduard Morike (excerpts)

録音: 29 January - 01 February 2013, Casino Baumgarten, Vienna, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4506156
**:**
»  No. 13. Im Fruhling
13.

-

**:**
»  No. 46. Gesang Weylas
14.

-

**:**
»  No. 15. Auf einer Wanderung
15.

-

**:**
»  No. 12. Verborgenheit
16.

-

**:**
»  No. 7. Das verlassene Magdlein
17.

-

**:**
»  No. 31. Wo find ich Trost?
18.

-

**:**
»  No. 1. Der Genesene an die Hoffnung
19.

-

**:**
»  No. 28. Gebet
20.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2013/07/01
ドイツのソプラノ歌手アンネ・シュヴァネヴィルムス。ワーグナーやR.シュトラウスの強靭な女性を歌えば右に出る者はいない彼女、世界中の名歌劇場からひっぱりだこの存在として、その名を轟かせています。しかし、彼女が本当に得意にしているのはドイツリートであり、ピアニストとともに抒情的で純粋な音楽を奏でることはとても楽しいことなのだと語ります。そんなシュヴァネヴィルムスが選んだのはシューマンの「リーダークライス」とヴォルフの「メーリケ歌曲集」からの抜粋です。時に夢見がちで内省的なシューマン、抒情性の中に緩やかな狂気を孕んだヴォルフ、これらの歌唱は、もちろん大きな感情表現に支えられていますが、これまでの彼女のイメージを覆すほどの細やかで柔軟な表情も垣間見せてくれます。ドイツ・リートの表現の新しい可能性を感じさせてくれる名唱です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。