ホーム > アルバム > C5172 シューマン:歌曲集(エーデルマン/スペンサー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
C5172
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲
作曲家
ロベルト・シューマン Robert Schumann
作詞家
ユスティヌス・ケルナー Justinus Kerner , ウィリアム・シェイクスピア William Shakespeare , ハインリヒ・ハイネ Heinrich Heine , 不詳 Anonymous , ニコラウス・レナウ Nikolaus Lenau , Graf von Strachwitz Moritz,
アーティスト
パウル・アルミン・エーデルマン Paul Armin Edelmann , チャールズ・スペンサー Charles Spencer

シューマン:歌曲集(エーデルマン/スペンサー)

SCHUMANN, R.: Vocal Music (Edelmann, Spencer)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/C5172

全トラック選択/解除

ロベルト・シューマン - Robert Schumann (1810-1856)

**:**
12の詩 Op. 35

12 Gedichte, Op. 35

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3433776
**:**
»  No. 1. Lust der Sturmnacht
1.

-

**:**
»  No. 2. Stirb, Lieb' und Freud'!
2.

-

**:**
»  No. 3. Wanderlied
3.

-

**:**
»  No. 4. Erstes Grun
4.

-

**:**
»  No. 5. Sehnsucht nach der Waldgegend
5.

-

**:**
»  No. 6. Auf das Trinkglas eines verstorbenen Freundes
6.

-

**:**
»  No. 7. Wanderung
7.

-

**:**
»  No. 8. Stille Liebe
8.

-

**:**
»  No. 9. Frage
9.

-

**:**
»  No. 10. Stille Tranen
10.

-

**:**
»  No. 11. Wer machte dich so krank?
11.

-

**:**
»  No. 12. Alte Laute
12.

-

 
**:**
5つのリートと歌 Op. 127 - 第3曲 私の恋は輝く
13.

5 Lieder und Gesänge, Op. 127: No. 3. Es leuchtet meine Liebe

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3433783
 
**:**
4つの詩 Op. 142 - 第4曲 私の馬車はゆっくりと行く
14.

4 Gesänge, Op. 142: No. 4. Mein Wagen rollet langsam

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3433784
 
**:**
ベルシャザール Op. 57
15.

Belsatzar, Op. 57

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3433785
 
**:**
6つの詩とレクイエム Op. 90

6 Gedichte und Requiem, Op. 90

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3433786
**:**
»  No. 1. Lied eines Schmiedes
16.

-

**:**
»  No. 2. Meine Rose
17.

-

**:**
»  No. 3. Kommen und Scheiden
18.

-

**:**
»  No. 4. Die Sennin
19.

-

**:**
»  No. 5. Einsamkeit
20.

-

**:**
»  No. 6. Der schwere Abend
21.

-

**:**
»  No. 7. Requiem
22.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2014/04/01
父親が出版業を営んでいた事もあり、若い頃から音楽だけでなく、文学にも強い関心を抱いていたシューマン(1810-1856)でしたが、不思議なことに歌曲の作曲にはほとんど興味を示しませんでした。しかし、愛するクララと結婚が決まった時から、突然堰を切ったかのように歌曲を書き始めた彼、たった1年の間に「ミルテの花」や「詩人の恋」などを始めとした名作を次々と作曲するのです。歌曲の作曲に没頭していた彼はクララに手紙を書きました。「私はほとんど死にそうだよ。ああ、クララ。歌を書くことの至福を私は長い間逃していたようだ・・・。」そんなシューマンは、それ以降も事ある毎に美しい歌曲を書き続けました。そして、そんな珠玉の歌曲を歌うのは名歌手パウル・アルミン・エーデルマン(彼の父は偉大なるバス・バリトン歌手オットー・エーデルマンです)。シューマンのデリケートな感情を丁寧に紡ぎ出し、全てのフレーズに心が通った、きめ細やかな歌がここにあります。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。