ホーム > アルバム > C5213 ツィンマーマン:アラゴアナ/1楽章の交響曲/フォトプトシス/静止と反転(ラインランド=プファルツ州立フィル/シュテフェンス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
C5213
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ベルント・アロイス・ツィンマーマン Bernd Alois Zimmermann
アーティスト
カール=ハインツ・シュテフェンス Karl-Heinz Steffens , ラインランド=プファルツ州立フィルハーモニー管弦楽団 Rheinland-Pfalz State Philharmonic Orchestra

ツィンマーマン:アラゴアナ/1楽章の交響曲/フォトプトシス/静止と反転(ラインランド=プファルツ州立フィル/シュテフェンス)

ZIMMERMANN, B.A.: Alagoana / Sinfonie in einem Satz / Photoptosis / Stille und Umkehr (Rheinland-Pfalz State Philharmonic, Steffens)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/C5213

全トラック選択/解除

ベルント・アロイス・ツィンマーマン - Bernd Alois Zimmermann (1918-1970)

**:**
アラゴアナ、カプリチョス・ブラジレイロス

Alagoana, caprichos brasileiros

録音: 6-11 January 2014, Ludwigshafen, Philharmonie
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3768006
**:**
»  I. Ouverture
1.

-

**:**
»  II. Sertanejo
2.

-

**:**
»  III. Saudade
3.

-

**:**
»  IV. Caboclo
4.

-

**:**
»  V. Finale
5.

-

 
**:**
1楽章のシンフォニー(1953年版第2稿)
6.

Symphony in One Movement (2nd version, 1953)

録音: 6-11 January 2014, Ludwigshafen, Philharmonie
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3768007
 
**:**
フォトプトシス
7.

Photoptosis

録音: 6-11 January 2014, Ludwigshafen, Philharmonie
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3768008
 
**:**
静止と反転
8.

Stille und Umkehr

録音: 6-11 January 2014, Ludwigshafen, Philharmonie
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3768009
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2014/09/01
ドイツの現代作曲家ベルント・アロイス・ツィマーマン(1918-1970)。彼は様々な音楽を書き、多くの後進を指導しましたが「自身の作品が理解されないこと」を悲しみ、ピストル自殺を遂げてしまったのです。そんな彼の作品は、最近「兵士たち」などが注目を浴びたことでようやく聴かれる機会が増えてきました。もちろん作品の受容も深まり、CDなどのリリースも少しずつ増えてきています。このバレエ音楽「アラゴアナ、カプリチョス・ブラジレイロス」は、彼の初期の作品。想像以上に楽しい曲で、ヴィラ=ロボスなどが好きな人にはたまらないものです。華やかなオーケストレーション、炸裂するリズムなど、全く難解ではありません。「1楽章の交響曲」も新古典派主義の音楽です。一転「フォトプトーシス」「静止と反転」は静かな音楽。「静止主義」といわれる作風で書かれています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。