ホーム > アルバム > C5255 ハイドン:歌劇「勘違いの不貞」/「真の貞節」(ケルメス/ケルン西ドイツ放送管/エルナンデス=シルバ/ポシュナー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
C5255
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
フランツ・ヨーゼフ・ハイドン Franz Joseph Haydn
作詞家
マルコ・コルテッリーニ Marco Coltellini , フランチェスtコ・プッティーニ Francesco Puttini
アーティスト
トーマス・マイケル・アレン Thomas Michael Allen , シピーウェイ=マッケンジー・エーデルマン Siphiwe Mckenzie-Edelmann , パウル・アルミン・エーデルマン Paul Armin Edelmann , マヌエル・エルナンデス=シルバ Manuel Hernandez-Silva , ジモーネ・ケルメス Simone Kermes , ケルン西ドイツ放送管弦楽団 Cologne West German Radio Orchestra , ユルゲン・ザッヒャー Jurgen Sacher , アンドレアス・シャイデッガー Andreas Scheidegger , ライナー・トロスト Rainer Trost , イヴァン・パレイ Ivan Paley , マーカス・ポシュナー Markus Poschner , ウォルフガング・ホルツマイアー Wolfgang Holzmair , ファニータ・ラスカーロ Juanita Lascarro , チェン・レイス Chen Reiss

ハイドン:歌劇「勘違いの不貞」/「真の貞節」(ケルメス/ケルン西ドイツ放送管/エルナンデス=シルバ/ポシュナー)

HAYDN, J.: Infedeltà delusa (L') / La vera costanza [Operas] (Opera Gala) (Kermes, Cologne West German Radio Orchestra, Hernandez-Silva, Poschner)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/C5255

全トラック選択/解除

Disc 1

フランツ・ヨーゼフ・ハイドン - Franz Joseph Haydn (1732-1809)

**:**
歌劇「勘違いの不貞」 Hob. XXVIII:5

L'infedelta delusa, Hob.XXVIII:5

録音: 17 January 2009, Koln, WDR. Klaus-von-Bismarck-Saal, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4533053
**:**
»  Act I: Overture
1.

-

**:**
»  Act I Scene 1: Introduction: Bella sera (Filippo, Vespina, Nencio, Nanni, Sandrina)
2.

-

**:**
»  Act I Scene 2: Aria: Che imbroglio e questo (Sandrina)
3.

-

**:**
»  Act I Scene 3: Aria: Non v'e rimedio (Nanni)
4.

-

**:**
»  Act I Scene 4: Aria: Come piglia si bene (Vespina)
5.

-

**:**
»  Act I Scene 5: Duet: Son disperato (Nanni, Vespina)
6.

-

**:**
»  Act I Scene 6: Finale: O piglia questa (Vespina, Sandrina, Filippo, Nencio, Nanni)
7.

-

**:**
»  Act II Scene 4: Aria: Tu sporsati alla Sandrina (Filippo)
8.

-

**:**
»  Act II Scene 5: Recitative: Trinche vaine allegramente (Vespina)
9.

-

**:**
»  Act II Scene 6: Aria: Oh che gusto! (Nencio)
10.

-

**:**
»  Act II Scene 8: Aria: E la pompa (Sandrina)
11.

-

**:**
»  Act II Scene 9: Finale: Nel mille settecento (Vespina, Filippo, Nanni, Nencio, Sandrina)
12.

-

Disc 2

フランツ・ヨーゼフ・ハイドン - Franz Joseph Haydn (1732-1809)

**:**
歌劇「真の貞節」 Hob. XXVIII:8

La vera costanza, Hob. XXVIII:8

録音: 7-19 February 2011
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4533082
**:**
»  Act I: Sinfonia
1.

-

**:**
»  Act I: Introduzione: Che burrasca! che tempesta!
2.

-

**:**
»  Act I: Aria: So che una bestia sei (Masino)
3.

-

**:**
»  Act I: Non sparate, mi disdico
4.

-

**:**
»  Act I: Aria: Con un tenero sospiro(Rosina)
5.

-

**:**
»  Act I: Recitative and Aria: Mira il campo all’intorno - A trionfar (Conte)
6.

-

**:**
»  Act I: Finale I: Bel godere la campagna
7.

-

**:**
»  Act II: Duet: Massima filosofica (Masino, Villotto)
8.

-

**:**
»  Act II: Aria: Per pieta vezzosi rai (Ernesto)
9.

-

**:**
»  Act II: Recitative and Aria: Misera chi m’ajuta - Dove fuggo (Rosina)
10.

-

**:**
»  Act II: Gia la morte in mante nero
11.

-

**:**
»  Act II: Recitative and Aria: Ah, non minganno - Or che torna il vago aprile (Conte)
12.

-

**:**
»  Act II: Finale II: Animo risoluto
13.

-

**:**
»  Act II: Duet, Finale II: Ah, dove la mia Rosina? (Rosina, Conte)
14.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2016/01/01
ハイドン(1732-1809)はその生涯に数多くのオペラを書きました。しかしそのほとんどは彼が仕えていたエステルハーツィ公の館で演奏されるためのものであり、通常の舞台で上演されることはありませんでした。彼の死後、これらの歌劇は忘れられていましたが、ようやく最近になって少しずつ復興の兆しが見えています。このアルバムに収録されている2つのオペラのハイライトは、そんな作品の中でもとりわけ珍しいもの。どちらも主人公の女性が生き生きと描かれています。この演奏はジモーネ・ケルメスや、ライナー・トロストなど名歌手を揃え、血の通ったリアルな人間模様を見せてくれています。ハイドンの音楽の素晴らしさを感じることもできるでしょう。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。