ホーム > アルバム > C5271 ヒナステラ:弦楽のための協奏曲/交響的練習曲/パブロ・カザルスの主題による変奏曲/イウビルム(ベルリン・ドイツ響/タマヨ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
C5271
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
アルベルト・ヒナステラ Alberto Ginastera
アーティスト
アルトゥーロ・タマヨ Arturo Tamayo , ベルリン・ドイツ交響楽団 Deutsches Symphonie-Orchester Berlin

ヒナステラ:弦楽のための協奏曲/交響的練習曲/パブロ・カザルスの主題による変奏曲/イウビルム(ベルリン・ドイツ響/タマヨ)

GINASTERA, A.: Concerto per corde / Estudios sinfónicos / Glosses sobre temes de Pau Casals / Iubilum (Deutsches Symphonie-Orchester Berlin, Tamayo)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/C5271

全トラック選択/解除

アルベルト・ヒナステラ - Alberto Ginastera (1916-1983)

**:**
交響的練習曲 Op. 35

Estudios sinfónicos, Op. 35

録音: May 2014 and January 2015, Funkhaus Nalepastraße, Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4890703
**:**
»  I. Para el Modo Festivo
1.

-

**:**
»  II. Para los Movimientos Alígeros
2.

-

**:**
»  III. Para las Densidades
3.

-

**:**
»  IV. Para una Sola Nota
4.

-

**:**
»  V. Para los Microtonos y las Sonoridades Insólitas
5.

-

**:**
»  VI. Para el Virtuosimo Orquestal
6.

-

 
**:**
パブロ・カザルスの主題による変奏曲 Op. 48

Glosses sobre temes de Pau Casals, Op. 48

録音: May 2014 and January 2015, Funkhaus Nalepastraße, Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4890796
**:**
»  I. Introducció: Tempo rubato - Allegro - Lento - Un poco più lento - Allegro - Molto lento - Tempo rubato -
7.

-

**:**
»  II. Romanç: Adagio intimo -
8.

-

**:**
»  III. Sardanes: Tempo di sardana - Gioiosamente, brillante -
9.

-

**:**
»  IV. Cant: Molto lento -
10.

-

**:**
»  V. Conclusió delirant: Vivace, con fuoco - In modo popolare, gioiante! - Prestissimo
11.

-

 
**:**
イウビルム Op. 51

Iubilum, Op. 51

録音: May 2014 and January 2015, Funkhaus Nalepastraße, Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4890797
**:**
»  I. Fanfare
12.

-

**:**
»  II. Chorale
13.

-

**:**
»  III. Finale
14.

-

 
**:**
弦楽のための協奏曲 Op. 33

Concerto per corde (Concerto for Strings), Op. 33

録音: May 2014 and January 2015, Funkhaus Nalepastraße, Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4890798
**:**
»  I. Variazioni per i solisti
15.

-

**:**
»  II. Scherzo fantastico
16.

-

**:**
»  III. Adagio angoscioso
17.

-

**:**
»  IV. Finale furioso
18.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2016/06/01
2016年、生誕100年を迎えたヒナステラ(1916-1983)。アストル・ピアソラ、カルロス・ガルデル、マウイシオ・カーゲルと並ぶ、アルゼンチンを代表する大作曲家の一人です。彼の作品は当時のアルゼンチン音楽の影響を強く受けており、作風は比較的明快で、親しみやすいものが多いのですが、作曲時期によってその作風はかなり変化を見せています。ここに収録された4つの作品は、どれも後期に属するもので、彼自身の分類によれば「前衛的なスタイルと冒険的なアイデアを有した"新表現主義"の音楽」になるということです。なかでも興味深いのがカタロニアのチェリスト、カザルスの「見張りの歌」を元にした変奏曲で、原曲の優雅さは、ヒナステラの手によって、刺激的な響きに満ちた色彩的な音楽に変貌させられます。編成の小さな「弦楽のための協奏曲」は瞑想的な雰囲気で始まり、徐々に熱気を帯び、最終楽章では阿鼻叫喚の世界が描かれるという曲。あの有名なトッカータ(ピアノ協奏曲の終楽章)にも似た情熱的な作品です。現代音楽を得意とするタマヨは、これらの騒然とした曲を見事にまとめてあげています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。