ホーム > アルバム > C5277 シェーンベルク:ピアノ編曲集(リスカ /グラウシューマッハー・ピアノ・デュオ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
C5277
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 声楽曲
作曲家
アルノルト・シェーンベルク Arnold Schoenberg
作詞家
シュテファン・ゲオルゲ Stefan George , リヒャルト・デーメル Richard Dehmel , 伝承 Traditional , ハインリヒ・ハルト Heinrich Hart , ペトラルカ Petrarch, , イェンス・ペーター・ヤコブセン Jens Peter Jacobsen
編曲者
アントン・ウェーベルン Anton Webern , エルヴィン・シュタイン Erwin Stein , フェルッチョ・ブゾーニ Ferruccio Busoni , アルバン・ベルク Alban Berg
アーティスト
グラウシューマッハー・ピアノ・デュオ GrauSchumacher Piano Duo , クラウディア・バラインスキー Claudia Barainsky , コンラート・ヤルノット Konrad Jarnot , ウルス・リスカ Urs Liska , イルメラ・レルケ Irmela Roelcke

シェーンベルク:ピアノ編曲集(リスカ /グラウシューマッハー・ピアノ・デュオ)

SCHOENBERG, A.: Piano Arrangements (Barainsky, Jarnot, Liska, Roelcke, GrauSchumacher Piano Duo)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/C5277

全トラック選択/解除

Disc 1

アルノルト・シェーンベルク - Arnold Schoenberg (1874-1951)

**:**
断章(声楽とピアノ版)
1.

Gethsemane (fragment) (version for voice and piano)

録音: June, Sep, Nov 2011, July 2012, Studio Siemensvilla, Gärtnerstraße, Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5003361
 
**:**
グレの歌 第1部 - 前奏曲と幕間の音楽(A. ウェーベルンによる2台6-8手ピアノ編)

Gurre-Lieder, Part I: Vorspiel und Zwischenspiele (arr. A. Webern for 2 pianos 6-8 hands)

録音: June, Sep, Nov 2011, July 2012, Studio Siemensvilla, Gärtnerstraße, Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6541625
**:**
»  Vorspiel (Prelude)
2.

-

**:**
»  Überleitung 1 (Transition 1)
3.

-

**:**
»  Überleitung 2 (Transition 2)
4.

-

**:**
»  Überleitung 3 (Transition 3)
5.

-

**:**
»  Zwischenspiel (Interlude)
6.

-

 
**:**
6つの管弦楽伴奏歌曲 Op. 8 (A. ウェーベルンによる声楽とピアノ編)

6 Orchester-Lieder, Op. 8 (arr. A. Webern for voice and piano)

録音: June, Sep, Nov 2011, July 2012, Studio Siemensvilla, Gärtnerstraße, Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6541626
**:**
»  No. 1. Natur (Nature)
7.

-

**:**
»  No. 2. Das Wappenschild (The Coat-of-Arms)
8.

-

**:**
»  No. 3. Sehnsucht (Longing)
9.

-

**:**
»  No. 4. Nie ward ich, Herrin, mud' (Ne'er, Mistress, did I weary)
10.

-

**:**
»  No. 5. Voll jener Süße (Filled with that sweetness)
11.

-

**:**
»  No. 6. Wenn Vöglein klagen (When little birds twitter)
12.

-

 
**:**
3つのピアノ曲 Op. 11
13.

3 Klavierstücke, Op. 11: No. 2. Mässig (arr. F. Busoni for piano)

録音: June, Sep, Nov 2011, July 2012, Studio Siemensvilla, Gärtnerstraße, Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6541627

Disc 2

アルノルト・シェーンベルク - Arnold Schoenberg (1874-1951)

**:**
6つの小さなピアノ曲 Op. 19

6 Kleine Klavierstücke, Op. 19

録音: June, Sep, Nov 2011, July 2012, Studio Siemensvilla, Gärtnerstraße, Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6541628
**:**
»  No. 1. Liecht, zart
1.

-

**:**
»  No. 2. Langsam
2.

-

**:**
»  No. 3. Sehr langsam Viertel
3.

-

**:**
»  No. 4. Rasch, aber leicht
4.

-

**:**
»  No. 5. Etwas rasch
5.

-

**:**
»  No. 6. Sehr langsam
6.

-

 
**:**
String Quartet No. 2, Op. 10 (arr. A. Berg for voice and piano) (excerpts)

録音: Studio Siemensvilla, Gärtnerstraße, Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6541629
**:**
»  III. Litanei
7.

-

**:**
»  IV. Entrückung
8.

-

 
**:**
5つの管弦楽曲 Op. 16 (E. シュタイン、A. ウェーベルンによる2台8手ピアノ編)

5 Orchestral Pieces, Op. 16 (arr. E. Stein and A. Webern for 2 pianos, 8 hands)

録音: June, Sep, Nov 2011, July 2012, Studio Siemensvilla, Gärtnerstraße, Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6541630
**:**
»  No. 1. Vorgefühle (Premonitions)
9.

-

**:**
»  No. 2. Vergangenes (The Past)
10.

-

**:**
»  No. 3. Farben (Chord-Colours)
11.

-

**:**
»  No. 4. Peripetie (Peripetia)
12.

-

**:**
»  No. 5. Das obligate Rezitativ (The Obbligato Recitative)
13.

-

 
**:**
室内交響曲第2番 in Op. 38b (4手ピアノ編)

Chamber Symphony No. 2 in Op. 38b (version for 2 pianos)

録音: June, Sep, Nov 2011, July 2012, Studio Siemensvilla, Gärtnerstraße, Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6541631
**:**
»  I. Adagio
14.

-

**:**
»  II. Con fuoco
15.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2016/06/01
壮大なオーケストラと声楽が爛熟の音響を創り上げる、後期ロマン派の最期の時期に書かれた「グレの歌」も、最初はピアノ伴奏による小さな歌曲だったことをご存知でしょうか?この2枚組には、そんなシェーンベルク(1874-1951)の実験的な作品や、彼の管弦楽、室内楽作品を同時期の作曲家たちがピアノ用に編曲した作品など、様々なシチュエーションに彩られた作品が並んでいます。彼らの複雑な管弦楽作品も、ピアノに置き換えるてみると、精妙に入り組んだオーケストラの響きが少しずつ紐解かれていきます。圧巻は彼自身の2台ピアノ編曲版の「室内交響曲第2番」。1906年に着手され、完成したのは1940年。その間に調性音楽→無調→十二音→調性音楽と目まぐるしく変遷した作風を反映する難解な作品ですが、これがとてもスッキリと理解できる、まさに風通しのよい編曲となっているのが興味深いところです。既発アルバムからの再録も含んでいます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。