ホーム > アルバム > C5314 ヴォーン・ウィリアムズ:「エリザベスの英国」より3つの肖像/サセックス民謡による幻想曲(ルンメル/ラインランド=プファルツ州立フィル/シュテフェンス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
C5314
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
映画音楽, 交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
レイフ・ヴォーン・ウィリアムズ Ralph Vaughan Williams
アーティスト
カール=ハインツ・シュテフェンス Karl-Heinz Steffens , ラインランド=プファルツ州立フィルハーモニー管弦楽団 Rheinland-Pfalz State Philharmonic Orchestra , マルティン・ルンメル Martin Rummel

ヴォーン・ウィリアムズ:「エリザベスの英国」より3つの肖像/サセックス民謡による幻想曲(ルンメル/ラインランド=プファルツ州立フィル/シュテフェンス)

VAUGHAN WILLIAMS, R.: 3 Portraits from The England of Elizabeth / Fantasia on Sussex Folk Tunes (Rummel, Rheinland-Pfalz State Philharmonic, Steffens)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/C5314

全トラック選択/解除

レイフ・ヴォーン・ウィリアムズ - Ralph Vaughan Williams (1872-1958)

**:**
序曲「毒のキス」
1.

The Poisoned Kiss: Overture

録音: 9-10 January and 3-4 March 2017, Philharmonie, Ludwigshafen, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5865699
 
**:**
サセックス民謡による幻想曲
2.

Fantasia on Sussex Folk Tunes

録音: 9-10 January and 3-4 March 2017, Philharmonie, Ludwigshafen, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5865700
 
**:**
田園組曲

Bucolic Suite

録音: 9-10 January and 3-4 March 2017, Philharmonie, Ludwigshafen, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5865701
**:**
»  I. Allegro
3.

-

**:**
»  II. Andante
4.

-

**:**
»  III. Intermezzo: Allegretto
5.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro
6.

-

 
**:**
沼沢地方にて
7.

In the Fen Country

録音: 9-10 January and 3-4 March 2017, Philharmonie, Ludwigshafen, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5865702
 
**:**
「エリザベスの英国」より3つの肖像

3 Portraits from The England of Elizabeth

録音: 9-10 January and 3-4 March 2017, Philharmonie, Ludwigshafen, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5865703
**:**
»  No. 1. Explorer
8.

-

**:**
»  No. 2. Poet
9.

-

**:**
»  No. 3. Queen
10.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2017/06/01
イギリスの近代音楽発展に多大なる功績を残したヴォーン・ウィリアムズの管弦楽作品集。ロンドンの王立音楽大学在学中に知り合ったホルストとともに「イギリス独自のスタイル」による作品を追及し、次第にイングランドの民謡を取り入れた独自の作風を確立したヴォーン・ウィリアムズの、あまり知られていない作品を集めた1枚です。歌劇《毒のキス》は、タイトルこそ恐ろし気ですが、内容はとてもロマンティック。序曲には劇中のメロディが次々に登場します。他の曲は、どれもイングランドの牧歌的風景が表現されています。OPUS ARTE(帯あり)

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。