ホーム > アルバム > C5316 マーラー:嘆きの歌(シュナイダー/バウムガルトナー/ケルル/エレート/ウィーン・ジングアカデミー/ウィーン放送響/マイスター)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
C5316
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(世俗曲)
作曲家
グスタフ・マーラー Gustav Mahler
作詞家
グスタフ・マーラー Gustav Mahler
アーティスト
ウィーン・ジングアカデミー Wiener Singakademie , ウィーン放送交響楽団 Vienna Radio Symphony Orchestra , エイドリアン・エロド Adrian Eröd , 金周栄 Juyoung Kim , トルステン・ケルル Torsten Kerl , オスカー・シュタートラー Oskar Stadler , ラウレンツ・シュトレープル Laurenz Ströbl , シモーネ・シュナイダー Simone Schneider , カミロ・ディアス・デレガード Camilo Diaz Delegado , ターニャ・アリアーネ・バウムガルトナー Tanja Ariane Baumgartner , コルネリウス・マイスター Cornelius Meister

マーラー:嘆きの歌(シュナイダー/バウムガルトナー/ケルル/エレート/ウィーン・ジングアカデミー/ウィーン放送響/マイスター)

MAHLER, G.: Klagende Lied (Das) (S. Schneider, T.A. Baumgartner, Kerl, Eröd, Wiener Singakademie, Vienna Radio Symphony, Meister)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/C5316

全トラック選択/解除

グスタフ・マーラー - Gustav Mahler (1860-1911)

**:**
嘆きの歌 - 第1部 森の伝説
1.

Das klagende Lied, Part I: Waldmachen (Forest Legend)

録音: 1-2 December 2016, Konzerthaus, Vienna, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5858623
 
**:**
嘆きの歌 - 第2部, 第3部(1899年改訂版)

Das klagende Lied, Parts II and III (revised version, 1899)

録音: 1-2 December 2016, Konzerthaus, Vienna, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5859246
**:**
»  Part II: Der Spielmann (The Minstrel)
2.

-

**:**
»  Part III: Hochzeitsstück (Wedding Piece)
3.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2017/06/01
マーラーの最初期の作品の一つであるカンタータ「嘆きの歌」。ドイツの民話やお伽話といったマーラー好みの題材を用い、当時、最も影響を受けていたワーグナー風の斬新な音楽をつけた大作です。もともとウィーン楽友協会主催の作曲コンクール「ベートーヴェン賞」に応募するために作曲されましたが、審査員たちには相手にされなかったため、マーラーは作品に何度も改訂を施し、最終的には自筆譜を作り直さなかったともいわれています。もともとは3部構成でしたが、最初の改定時に第1部をばっさり削除。オーケストラの編成もずいぶん刷新されましたが、最近では削除された第1部を演奏することも多く、コルネウス・マイスターもその例に倣っています。第3部でのオーケストラの狂乱の響きが聴きもの。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。