ホーム > アルバム > C5319 キュンネッケ:喜歌劇「Herz über Bord」(F. マルスツァレク、M. ゲリーセンによる復元版)(ボーズ/ヘルガルテン/コッホ/シュルツキ/マーシャル)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
C5319
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペレッタ
作曲家
エドゥアルド・キュンネッケ Eduard Künneke
作詞家
クルト・シュヴァハッハ Kurt Schwabach , エドゥアルド・フォン・デア・ベッケ Eduard von der Becke , マックス・ベルトゥッヒ Max Bertuch
編曲者
ミヒャエル・ゲリーセン Michael Gerihsen , フランツ・マルスツァレク Franz Marszalek
アーティスト
マルティン・クラスネンコ Martin Krasnenko , ケルン西ドイツ放送合唱団のメンバー Cologne West German Radio Chorus, members , ケルン西ドイツ放送交響楽団 Cologne West German Radio Symphony Orchestra , マルティン・コッホ Martin Koch , ユリアン・シュルツキ Julian Schulzki , リンダ・ヘルガルテン Linda Hergarten , アンニカ・ボーズ Annika Boos , ウェイン・マーシャル Wayne Marshall

キュンネッケ:喜歌劇「Herz über Bord」(F. マルスツァレク、M. ゲリーセンによる復元版)(ボーズ/ヘルガルテン/コッホ/シュルツキ/マーシャル)

KÜNNEKE, E.: Herz über Bord (reconstructed by F. Marszalek and M. Gerihsen) [Operetta] (Boos, Hergarten, M. Koch, Schulzki, Marshall)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/C5319

全トラック選択/解除

エドゥアルド・キュンネッケ - Eduard Künneke (1885-1953)

**:**
喜歌劇「Herz über Bord」(F. マルスツァレク、M. ゲリーセンによる復元版)

Herz über Bord (reconstructed by F. Marszalek and M. Gerihsen)

録音: 9-19 June 2017, Klaus-von-Bismarck-Saal, WDR Köln, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6562751
**:**
»  Act I: Introduction: Siegerin im Damenschwimmen (Lilli, Felix, Herren)
1.

-

**:**
»  Act I: Entrance: Hallo! Hat mich jemand gerufen? (Hans, Herren)
2.

-

**:**
»  Act I: Song: Einmal kommt eine Stunde (Lilli)
3.

-

**:**
»  Act I: Duet: Lilli, liebe süsse kleine Lilli (Lilli, Hans)
4.

-

**:**
»  Act I: Scene: Fünfzigtausend Pfund (Lilli, Hans, Gwendolin, Albert)
5.

-

**:**
»  Act I: Duet: Ich kann so energisch sein (Gwendolin, Albert)
6.

-

**:**
»  Act I: Finale: Wir gratulieren (Lilli, Gwendolin, Hans, Albert, Ensemble)
7.

-

**:**
»  Act II: Introduction: Haben Sie gehört? (Ensemble)
8.

-

**:**
»  Act II: Duet: Mach mir doch das Leben nicht so schwer (Albert, Lilli)
9.

-

**:**
»  Act II: Dance Scene: Dann lach' ich, dann mach' ich ein bisschen Tralalala (Gwendolin, Herren)
10.

-

**:**
»  Act II: Waltz-Ensemble: Wer tanzt heut mit mir? (Ensemble)
11.

-

**:**
»  Act III: Couplet: Ja, in der Liebe bin ich leider nur ein Piccolo (Albert)
12.

-

**:**
»  Act III: Waltz-Duet: Wenn das Herz auch spricht (Lilli, Hans)
13.

-

**:**
»  Act III: Duet: Du sollst bei mir die erste Geige spielen (Albert, Gwendolin)
14.

-

**:**
»  Act III: Melodrama: Nun gut, wenn Sie das Schiff verlassen wollen (Kapitän, Lilli)
15.

-

**:**
»  Act IV: Quartet: Das erste Wort ist meist das schwerste Wort (Hans, Lilli, Albert, Gwendolin)
16.

-

**:**
»  Act IV: Final Scene (Hans, Lilli, Albert, Gwendolin, Ensemble)
17.

-

**:**
»  Act IV: Intermezzo
18.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/06/01
第一次大戦後にオペレッタ作曲家として成功したキュネッケ。この《心を船に乗せて》は、彼の作品の中でも今日ではあまり知られないものですが、1935年にチューリヒ・オペラ初演されたのち、1937年までにドレスデン、シュツットガルト、ストックホルムやベルリンで約500回も上演されるほどの好評を博しました。かつてオルガン奏者として名を馳せたウェイン・マーシャルが、軽やかに、流麗に聴かせています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。