ホーム > アルバム > C5325 ツェムリンスキー:歌劇「フィレンツェの悲劇」(コッホ/ブルンナー/ウィーン放送響/ド・ビリー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
C5325
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
アレクサンダー・フォン・ツェムリンスキー Alexander Zemlinsky
作詞家
マックス・メイヤーフェルト Max Meyerfeld
アーティスト
ウィーン放送交響楽団 Vienna Radio Symphony Orchestra , ウォルフガング・コッホ Wolfgang Koch , ベルトラン・ド・ビリー Bertrand de Billy , ハイディ・ブルンナー Heidi Brunner , チャールズ・リード Charles Reid

ツェムリンスキー:歌劇「フィレンツェの悲劇」(コッホ/ブルンナー/ウィーン放送響/ド・ビリー)

ZEMLINSKY, A.: Florentinische Tragödie (Eine) [Opera] (W. Koch, H. Brunner, Vienna Radio Symphony, de Billy)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/C5325

全トラック選択/解除

**:**
歌劇「フィレンツェの悲劇」 Op. 16

Eine florentinische Tragödie, Op. 16

録音: 20 May 2010, Konzerthaus Wien, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6144901
**:**
»  Overture
1.

-

**:**
»  So langsam, Weib? (Simone, Bianca)
2.

-

**:**
»  Ich heisse Guido Bardi (Guido, Simone)
3.

-

**:**
»  Wo ist mein Bündel? (Simone)
4.

-

**:**
»  Wackrer Simone, genug, ich bitte Euch (Guido, Simone)
5.

-

**:**
»  Bianca sag, stünde nicht dies kostbar edle Kleid dem Prinzen Guido gut? (Simone, Bianca, Guido)
6.

-

**:**
»  Wie, wenn ich die weiße Bianca forderte? (Guido, Simone, Bianca)
7.

-

**:**
»  Was gibt es Neues, mein Prinz? (Simone, Guido, Bianca)
8.

-

**:**
»  Wie er gleich einem schalen Krämer spricht! (Bianca, Guido, Simone)
9.

-

**:**
»  Genug! (Simone, Guido)
10.

-

**:**
»  Was meint der Fleck hier auf dem Tuch? (Simone, Guido)
11.

-

**:**
»  Holdsel'ge Bianca, der schale Krämer langweilt mich (Guido, Bianca)
12.

-

**:**
»  Simone, jetzt muss ich nach Hause gehn! (Guido, Simone)
13.

-

**:**
»  Ei, welch ein Schwert! (Simone, Guido)
14.

-

**:**
»  Bianca, hol mein Schwert! (Simone, Bianca)
15.

-

**:**
»  Narr, nimm mir vom Hals deine Würgefinger! (Guido, Simone)
16.

-

**:**
»  Und jetzt zu dir! (Simone, Bianca)
17.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2017/11/01
オスカー・ワイルドの同名の戯曲を原作として、ツェムリンスキー自身が台本を書いた歌劇《フィレンツェの悲劇》。重厚で華麗なオーケストラを縦横無尽に使いながらも、登場する歌手はたった3人のみ。内容はフィレンツェの商人シモーネとその妻ビアンカ、そしてビアンカの恋人グィード・バルディの三つ巴の争いというヴェリズモ風のもの。ただし、この物語は他のヴェリズモ・オペラとは一線を画しており、最後は愛人を手にかけてしまった夫に対し、妻が「あなたがこんなに素敵だったなんて」と惚れ直すという異色の幕切れです。ド・ビリーは、まるでリヒャルト・シュトラウスの《サロメ》のような凝縮した内容を、緊張感途切れることなく流麗に演奏しています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。