ホーム > アルバム > C5330 ゲンツマー:ピアノ協奏曲第1番/チェロ協奏曲/トロンボーン協奏曲(トリエンドル/デメンガ/ライエン/ベルリン放送響/マティアク)

ゲンツマー:ピアノ協奏曲第1番/チェロ協奏曲/トロンボーン協奏曲(トリエンドル/デメンガ/ライエン/ベルリン放送響/マティアク)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
C5330
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
ハラルド・ゲンツマー Harald Genzmer
アーティスト
パトリック・デメンガ Patrick Demenga , オリヴァー・トリンドル Oliver Triendl , ベルリン放送交響楽団 Berlin Radio Symphony Orchestra (Rundfunk-Sinfonieorchester Berlin) , アリアーヌ・マティアク Ariane Matiakh , ヨルゲン・ファン・ライエン Jörgen van Rijen

ゲンツマー:ピアノ協奏曲第1番/チェロ協奏曲/トロンボーン協奏曲(トリエンドル/デメンガ/ライエン/ベルリン放送響/マティアク)

GENZMER, H.: Piano Concerto No. 1 / Cello Concerto / Trombone Concerto (Triendl, Demenga, Rijen, Berlin Radio Symphony, Matiakh)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/C5330

全トラック選択/解除

ハラルド・ゲンツマー - Harald Genzmer (1909-2007)

**:**
ピアノ協奏曲第1番

Piano Concerto No. 1

録音: 23-27 January 2017, Grosser Sendesaal, Rundfunk Berlin-Brandenburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5971129
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Adagio - Allegro - Tempo I
2.

-

**:**
»  III. Scherzo
3.

-

**:**
»  IV. Allegro - Adagio - Tempo I
4.

-

 
**:**
チェロ協奏曲

Cello Concerto

録音: 23-27 January 2017, Grosser Sendesaal, Rundfunk Berlin-Brandenburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5971130
**:**
»  I. Lento - Allegro - Lento - Allegro con spirito
5.

-

**:**
»  II. Andante
6.

-

**:**
»  III. Finale: Allegro
7.

-

 
**:**
トロンボーン協奏曲

Trombone Concerto

録音: 23-27 January 2017, Grosser Sendesaal, Rundfunk Berlin-Brandenburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5971131
**:**
»  I. Allegro
8.

-

**:**
»  II. Tranquillo - Andante - Tranquillo
9.

-

**:**
»  III. Vivace
10.

-

**:**
»  IV. Adagio. Rubato, libero - Allegro
11.

-

**:**
»  V. Finale: Moderato
12.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2017/09/01
ドイツの現代音楽作曲家ハラルド・ゲンツマーは若いころヒンデミットに作曲を師事し、一時期はクラリネット奏者として兵役に就くなど、バラエティに富んだ音楽人生を送った人です。ゲンツマーは、師であるヒンデミットの作風を受け継いだせいか、その作品にはロマンティックさや官能性はあまりなく、切り詰めた響きの中で、旋律を徹底的に展開させていく新古典派主義に近い作品を多く残しています。電子楽器「トラウトニウム」の新しい音色を追求した何曲かの協奏曲で知られていますが、このアルバムにはオーソドックスな楽器、ピアノ、チェロ、トロンボーンのための協奏曲が収録されています。各々の楽器の特性を活かし、時には暴力的ともいえる音色を駆使しながら、聴き手を興奮の渦に巻き込む音楽です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。