ホーム > アルバム > C5347 カバレフスキー:悲劇的序曲/ヴァイオリン協奏曲 Op. 48/交響詩「春」/歌劇「コラ・ブルニョン」組曲(アマラ/レヴィチ/ラインランド=プファルツ州立フィル/シュテフェンス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
C5347
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
ドミートリー・カバレフスキー Dmitry Borisovich Kabalevsky
アーティスト
マグダ・アマラ Magda Amara , カール=ハインツ・シュテフェンス Karl-Heinz Steffens , ラインランド=プファルツ州立フィルハーモニー管弦楽団 Rheinland-Pfalz State Philharmonic Orchestra , ユーリ・レヴィチ Yury Revich

カバレフスキー:悲劇的序曲/ヴァイオリン協奏曲 Op. 48/交響詩「春」/歌劇「コラ・ブルニョン」組曲(アマラ/レヴィチ/ラインランド=プファルツ州立フィル/シュテフェンス)

KABALEVSKY, D.B.: Pathétique Overture / Violin Concerto, Op. 48 / Vesna / Colas Breugnon (Amara, Revich, Rheinland-Pfalz State Philharmonic, Steffens)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/C5347

全トラック選択/解除

ドミートリー・カバレフスキー - Dmitry Borisovich Kabalevsky (1904-1987)

**:**
悲愴的序曲 Op. 64
1.

Pathétique Overture, Op. 64

録音: 8-10, 15-16 January 2018, Philharmonie, Ludwigshafen, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6680209
 
**:**
Violin Concerto in C Major, Op. 48

録音: 8-10, 15-16 January 2018, Philharmonie, Ludwigshafen, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7048341
**:**
»  I. Allegro molto e con brio
2.

-

**:**
»  II. Andante cantabile
3.

-

**:**
»  III. Vivace giocoso
4.

-

 
**:**
歌曲「学生時代」の主題による狂詩曲 Op. 75
5.

Rhapsody on the theme of the song School Years, Op. 75

録音: 8-10, 15-16 January 2018, Philharmonie, Ludwigshafen, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7048342
 
**:**
Vesna (Spring), Symphonic Poem, Op. 65
6.
録音: 8-10, 15-16 January 2018, Philharmonie, Ludwigshafen, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7048343
 
**:**
歌劇「コラ・ブルニョン」 Op. 24

Colas Breugnon Suite, Op. 24a

録音: 8-10, 15-16 January 2018, Philharmonie, Ludwigshafen, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7048344
**:**
»  I. Overture
7.

-

**:**
»  II. The People's Feast
8.

-

**:**
»  III. The People's Calamity
9.

-

**:**
»  IV. The People's Insurrection
10.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/06/01
「道化師のギャロップ」が突出して有名なカバレフスキーの、それ以外の管弦楽作品を集めた好企画。吹奏楽で時折演奏される「コラ・ブルニョン」序曲以外はあまり知られませんが、ロシア音楽の聴きやすいところを煮詰めたような、たいへん親しみやすい作風を楽しむことが出来ます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。