ホーム > アルバム > C5358 アイネム:歌劇「審判」(ラウレンツ/シュメッケンベッヒャー/シュミットレヒナー/ヴォルト/カムラー/シュナイダー/ウィーン放送響/グルーバー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
C5358
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
ゴットフリート・フォン・アイネム Gottfried von Einem
作詞家
ハインツ・クラーマー Heinz Cramer , ボリス・ブラッハー Boris Blacher
アーティスト
ウィーン放送交響楽団 Vienna Radio Symphony Orchestra , ラース・ヴォルト Lars Woldt , イルゼ・エーレンス Ilse Eerens , ヨハネス・カムラー Johannes Kammler , マルティン・キーナー Martin Kiener , ダニエル・グートマン Daniel Gutmann , ハインツ・カール・グルーバー HK Gruber , イェルク・シュナイダー Jörg Schneider , マテウス・シュミットレヒナー Matthäus Schmidlechner , ヨッヘン・シュメッケンベッヒャー Jochen Schmeckenbecher , アレクサンダー・ヒュットナー Alexander Hüttner , アンケ・フォンドゥンク Anke Vondung , ミヒャエル・ラウレンツ Michael Laurenz , ティルマン・レンネベック Tilmann Rönnebeck

アイネム:歌劇「審判」(ラウレンツ/シュメッケンベッヒャー/シュミットレヒナー/ヴォルト/カムラー/シュナイダー/ウィーン放送響/グルーバー)

EINEM, G. von: Prozeß (Der) [Opera] (Laurenz, Schmeckenbecher, Schmidlechner, Woldt, Kammler, Schneider, Vienna Radio Symphony, H.K. Gruber)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/C5358

全トラック選択/解除

Disc 1

ゴットフリート・フォン・アイネム - Gottfried von Einem (1918-1996)

**:**
歌劇「審判」 Op. 14

Der Prozeß, Op. 14

録音: 13-14 August 2018, Felsenreitschule, Salzburg, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7070969
**:**
»  Part I Scene 1: Wer sind sie? (Josef K., Franz, Willem)
1.

-

**:**
»  Part I Scene 1: Josef K., sie sind durch die Vorgänge (Aufseher, Josef K.)
2.

-

**:**
»  Part I Scene 2: Ich habe ihnen heute wohl viel Arbeit gemacht (Josef K., Frau Grubach)
3.

-

**:**
»  Part I Scene 2: Was waren denn das für Menschen? (Josef K., Fräulein Bürstner)
4.

-

**:**
»  Part I Scene 3: Nun steht also auch eine Wache vor dem Hause (Josef K., Passant, Bursche)
5.

-

**:**
»  Part I Scene 4: Sie hätten vor einer Stunde (Untersuchungsrichter, Josef K., Frau des Gerichtsdieners)
6.

-

**:**
»  Part I Scene 4: Nein, dies ist nicht erlaubt (Frau des Gerichtsdieners, Josef K., Student)
7.

-

**:**
»  Part I Scene 4: Ja, Ach so, Sie sind der Angeklagte (Gerichtsdiener, Josef K., Untersuchungsrichter)
8.

-

Disc 2

ゴットフリート・フォン・アイネム - Gottfried von Einem (1918-1996)

**:**
歌劇「審判」 Op. 14

Der Prozeß, Op. 14

録音: 13-14 August 2018, Felsenreitschule, Salzburg, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7070969
**:**
»  Part II Scene 5: Was treibt ihr hier? (Josef K., Der Prügler, Franz, Willem, Bursche, Passant)
1.

-

**:**
»  Part II Scene 6: Ich dachte, daß Du dem Ganzen (Josef K., Onkel Albert, Leni, Advokat)
2.

-

**:**
»  Part II Scene 6: Es ist nichts geschehen (Leni, Josef K., Advokat)
3.

-

**:**
»  Part II Scene 7: Und jetzt soll ich für die Bank arbeiten? (Josef K.)
4.

-

**:**
»  Part II Scene 7: Ein häßlicher Herbst (Fabrikant, Josef K.)
5.

-

**:**
»  Part II Scene 7: Herr Prokurist! (3 Herren, Josef K., Direktor-Stellvertreter)
6.

-

**:**
»  Part II Scene 8: Wohnt hier ein Maler Titorelli? (Josef K., Mädchen, Titorelli)
7.

-

**:**
»  Part II Scene 9: Josef K.! (Geistlicher, Josef K.)
8.

-

**:**
»  Part II Scene 9: Manchmal und sogar oft (Josef K., Geistlicher)
9.

-

**:**
»  Part II Scene 9: Sie sind also für mich bestellt? (Josef K., Fräulein Bürstner)
10.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2019/03/01
オーストリアの作曲家ゴットフリート・フォン・アイネム。没後しばらくは人気を失ってしまったものの、2018年の生誕100年を機会にヨーロッパでは数多くの演奏会が行われ、アイネム再復興の機運が高まっています。歌劇《審判》はフランツ・カフカの小説を原作としており、主人公が謂れのない罪で処刑されてしまうという、作品の持つ不条理な味わいが前面に打ち出された問題作。第二次世界大戦中、ナチスの迫害をすれすれに回避したアイネム自身の体験が反映されたとされる作品です。実際にアイネムに師事した指揮者HK.グルーバーの入念な指揮のもと、各々の歌手たちが複数の登場人物の性格を描き分けながら、複雑な総譜を精緻に歌い上げています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。