ホーム > アルバム > C5382 シュルホフ:歌劇「炎」(ヴェリー/フェルミリオン/フリーデ/アルノルト・シェーンベルク合唱団/ウィーン放送響/ド・ビリー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
C5382
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
エルヴィン・シュルホフ Erwin Schulhoff
作詞家
Karel Josef Benes , Max Brod
アーティスト
アルノルト・シェーンベルク合唱団 Arnold Schoenberg Choir , ウィーン放送交響楽団 Vienna Radio Symphony Orchestra , レイモンド・ヴェリー Raymond Very , エリザベト・ヴォルフバウアー Elisabeth Wolfbauer , カール=ミヒャエル・エプナー Karl-Michael Ebner , ベルトラン・ド・ビリー Bertrand de Billy , ヘルミーネ・ハーゼルベック Hermine Haselböck , サルバドール・フェルナンデス=カストロ Salvador Fernández-Castro , イリス・フェルミリオン Iris Vermillion , ステファニー・フリーデ Stephanie Friede , アンナ・ペシェス Anna Peshes , ニーナ・ベルンシュタイナー Nina Bernsteiner , ガブリエラ・ボーネ Gabriela Bone , アンドレアス・ヤンコヴィッチ Andreas Jankowitsch , マルクス・ラープ Markus Raab , クリスティーナ・ラッツェンベック Christa Ratzenböck

シュルホフ:歌劇「炎」(ヴェリー/フェルミリオン/フリーデ/アルノルト・シェーンベルク合唱団/ウィーン放送響/ド・ビリー)

SCHULHOFF, E.: Flammen [Opera] (R. Very, I. Vermillion, S. Friede, Arnold Schoenberg Choir, Vienna Radio Symphony, B. de Billy)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/C5382

全トラック選択/解除

Disc 1

エルヴィン・シュルホフ - Erwin Schulhoff (1894-1942)

**:**
歌劇「炎」

Plameny (Flames) (sung in German as Flammen)

録音: 5, 7, 10, 14 August 2006, Theater an der Wien, Vienna, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8521058
**:**
»  Act I Scene 1: Notturno: Einsam im Haus (Schatten, Juan, Schattenchor)
1.

-

**:**
»  Act I Scene 2: Lied des Feuers: Roter Tropfen glüht (Schatten, Juan, Frau)
2.

-

**:**
»  Act I Scene 3: Mitternachtsmesse: Es schweigt der Dom (Schatten, Juan, Nonne)
3.

-

**:**
»  Act I Scene 4: Chimäre: Sonnenräume, Ewigkeit (Schatten, 3 Frauen)
4.

-

**:**
»  Act I Scene 5: Galerie: Schön steht ihr da und fest (Juan, Choir)
5.

-

**:**
»  Act I Scene 6: Dialogue: Warum so lässig und wie Stein (Frau, Schatten, Juan)
6.

-

**:**
»  Act I Scene 7: Sturm: Wie Regenbogen am Horizont (Juan, Margarethe, Schattenchor, La Morte)
7.

-

**:**
»  Act I Scene 7: Gespräch mit dem Meer: Laue Nacht über der (Schattenchor, Juan)
8.

-

Disc 2

エルヴィン・シュルホフ - Erwin Schulhoff (1894-1942)

**:**
歌劇「炎」

Plameny (Flames) (sung in German as Flammen)

録音: 5, 7, 10, 14 August 2006, Theater an der Wien, Vienna, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8521058
**:**
»  Act II: Introduction
1.

-

**:**
»  Act II Scene 8: Karnevalsnacht: Bringt ihr Liebe oder Tod (Pulcinella, Pantalone, Harlekin, Juan, Donna Anna, Choir)
2.

-

**:**
»  Act II Scene 8: Du gehst durch Nacht (Juan, Harlekin, Donna Anna, Komthur)
3.

-

**:**
»  Act II Scene 8: Also doch der alte Effekt (Juan, Donna Anna)
4.

-

**:**
»  Act II Scene 9: Bankett: Sprich, steh auf! Enttäuscht von allem (Juan)
5.

-

**:**
»  Act II Scene 9: Der Wein zischt auf und Blut erdröhnt (Schattenchor, Juan, La Morte)
6.

-

**:**
»  Act II Scene 9: Nie! Tod sitzt in meinem Gesicht (La Morte, Juan, Schattenchor)
7.

-

**:**
»  Act II Scene 10: Notturno: Einsam das Haus (Schatten, Juan, La Morte)
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2021/02/01
【ドン・ファン伝説を新たな視点で描いた"退廃オペラ"】17世紀スペインの伝説上の人物「ドン・ファン」。彼の存在は多くの芸術家たちの創作欲を刺激し、常に新しい解釈による人物像が生み出されています。チェコの作家ヨーゼフ・ベネシュは、ドン・ファンを死(ラ・モルテ)に魅せられた、地獄へ落ちることもできない"永遠の命"を与えられた存在として描き出しました。様々な女性たちが彼に対して欲望を覚えることで、ドン・ファンの死への衝動が一時的に抑圧されますが、どんな愛も彼の絶望した心に救いをもたらすことはありません。そして常にうごめく影たちはドン・ファンのコンプレックスの象徴であり、それは最終場面まで彼につきまといます。シュルホフがこの物語に付けたのは、後期ロマン派風の音楽と、フォックストロットやラグタイムなど20世紀初頭に流行し始めたジャズ風の音楽。これらが交錯し、燃え盛る炎に例えられた人間の欲望が解き明かされていきます。ヴェリーやフェルミリオンらの歌手たちの見事な歌唱に加え、近代オペラを得意とするド・ビリーが、複雑な音楽を見事にまとめています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。