ホーム > アルバム > C5388 ドホナーニ:パントマイム「ピエレットのヴェール」(ウィーン響/マティアク)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
C5388
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
バレエ
作曲家
エルネー・ドホナーニ Ernő Dohnányi
アーティスト
ウィーン放送交響楽団 Vienna Radio Symphony Orchestra , アリアーヌ・マティアク Ariane Matiakh

ドホナーニ:パントマイム「ピエレットのヴェール」(ウィーン響/マティアク)

DOHNÁNYI, E.: Schleier der Pierrette (Der) (The Veil of Pierrette) [Pantomime] (Vienna Radio Symphony, Matiakh)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/C5388

全トラック選択/解除

エルネー・ドホナーニ - Ernő Dohnányi (1877-1960)

**:**
パントマイム「ピエレットのヴェール」 Op. 18

Der Schleier der Pierrette (The Veil of Pierrette), Op. 18

録音: 26-29 March 2019, ORF Radio Kulturhaus, Vienna, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7589272
**:**
»  Act I Prelude and Scene 1
1.

-

**:**
»  Act I Scene 2
2.

-

**:**
»  Act I Scene 3
3.

-

**:**
»  Act I Scene 4
4.

-

**:**
»  Act I Scene 5
5.

-

**:**
»  Act I Scene 6
6.

-

**:**
»  Act II Scene 1
7.

-

**:**
»  Act II Scene 2
8.

-

**:**
»  Act III Scene 1
9.

-

**:**
»  Act III Scene 2
10.

-

**:**
»  Act III Scene 3
11.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2020/01/01
ハンガリー出身のエルンスト・フォン・ドホナーニ(ハンガリー名ドホナーニ・エルネー)は指揮者クリストフ・フォン・ドホナーニの父として知られる作曲家。19世紀ロマン派の流れを汲む重厚な作品を数多く残しており、これらは近年演奏、録音機会が増えています。このアルバムに収録されたパントマイム『ピエレットのヴェール』もそんな作品の一つで、ドホナーニはこの作品を通じ、バレエとは違う物語と音楽の融合を目指し、当時人気を誇っていたアルトゥル・シュニッツラーの原作を選び、色彩豊かな音楽を付けています。全曲が演奏されることはほとんどありませんが、第2幕に置かれた「結婚式のワルツ」だけは、ヨーロッパのラジオ放送におけるリクエスト番組で定期的に取り上げられるなど今も変わらぬ人気を誇っています。今回、作品の全曲演奏に取り組んだのは、注目の女性指揮者アリアーヌ・マティアク。ドホナーニが目指した「物語の親密で自然な表現」を確かな形にして、聴き手に届けています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。