ホーム > アルバム > C5390 ラーボア:ピアノ五重奏曲/ピアノ四重奏曲(カーモン/ザクセ/グリム/デ・グロート/トリンドル)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
C5390
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
ヨーゼフ・ラーボア Josef Labor
アーティスト
ニナ・カーモン Nina Karmon , ユストゥス・グリム Justus Grimm , パウリーネ・ザクセ Pauline Sachse , ニーク・デ・グロート Niek De Groot , オリヴァー・トリンドル Oliver Triendl

ラーボア:ピアノ五重奏曲/ピアノ四重奏曲(カーモン/ザクセ/グリム/デ・グロート/トリンドル)

LABOR, J.: Piano Quintet / Piano Quartet (Karmon, Sachse, Grimm, De Groot, Triendl)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/C5390

全トラック選択/解除

ヨーゼフ・ラーボア - Josef Labor (1842-1924)

**:**
ピアノ五重奏曲 ホ短調 Op. 3

Piano Quintet in E Minor, Op. 3

録音: 3-6 September 2018, Jesus-Christus-Kirche, Berlin
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7367696
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Scherzo: Allegro vivace - Trio I - Trio II
2.

-

**:**
»  III. Andante
3.

-

**:**
»  IV. Allegro ma non troppo
4.

-

 
**:**
ピアノ四重奏曲 ハ長調 Op. 6

Piano Quartet in C Major, Op. 6

録音: 3-6 September 2018, Jesus-Christus-Kirche, Berlin
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7367697
**:**
»  I. Allegro
5.

-

**:**
»  II. Adagio ma non troppo
6.

-

**:**
»  III. Quasi allegretto
7.

-

**:**
»  IV. Allegro ma non troppo
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2019/08/01
ヨーゼフ・ラボー(ラボル)はオーストリアの作曲家・ピアニスト。3歳の時に失明するというハンディを背負いながらも、音楽教師として大成。シェーンベルク、アルマ・マーラーの最初の教師を務めた他、20世紀初頭の音楽家たちと親交を結びました。なかでも、戦争で右手を失ったピアニスト、パウル・ヴィトゲンシュタインを指導したことはラボーの生涯における大切な出来事であり、彼の作品のほぼ全てがヴィトゲンシュタイン家の尽力で出版されました。作曲家としては、生涯に渡り明快な古典形式を愛し、バランスの取れた美しい作品を数多く書き上げました。ここに収録されたピアノ四重奏曲とピアノ五重奏曲も、ブラームスを思わせる落ち着いた色彩を持つ作品。後期ロマン派の重い響きを用いることなく、孤高の世界を創り上げています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。