ホーム > アルバム > C5503 チェレプニン一族の室内楽作品集(スタッグ/ミケランジェロ弦楽四重奏団/メントゥッチャ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
C5503
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲, 室内楽
作曲家
アレクサンドル・チェレプニン Alexander Tcherepnin , イヴァン・チェレプニン Ivan Tcherepnin , ニコライ・チェレプニン Nikolai Tcherepnin
作詞家
伝承 Traditional
アーティスト
シボーン・スタッグ Siobhan Stagg , ミケランジェロ弦楽四重奏団 Michelangelo String Quartet , ジュゼッペ・メントゥッチャ Giuseppe Mentuccia

チェレプニン一族の室内楽作品集(スタッグ/ミケランジェロ弦楽四重奏団/メントゥッチャ)

TCHEREPNIN, N. / TCHEREPNIN, A.: String Quartets / TCHEREPNIN, I.: There Was No Wind (Stagg, Michelangelo String Quartet, Mentuccia)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/C5503

全トラック選択/解除

Disc 1

ニコライ・チェレプニン - Nikolai Tcherepnin (1873-1945)

**:**
弦楽四重奏曲 イ短調 Op. 11

String Quartet in A Minor, Op. 11

録音: 17-19 March 2021, Boulez Saal, Berlin
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10198119
**:**
»  I. Moderato
1.

-

**:**
»  II. Scherzo
2.

-

**:**
»  III. Adagio
3.

-

**:**
»  IV. Finale
4.

-

アレクサンドル・チェレプニン - Alexander Tcherepnin (1899-1977)

**:**
弦楽四重奏曲第1番 Op. 36
5.

String Quartet No. 1, Op. 36

録音: 17-19 March 2021, Boulez Saal, Berlin
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10198124
 
**:**
弦楽四重奏曲第2番 Op. 40

String Quartet No. 2, Op. 40

録音: 17-19 March 2021, Boulez Saal, Berlin
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10198125
**:**
»  I. Moderato
6.

-

**:**
»  II. Larghetto
7.

-

**:**
»  III. Allegro moderato
8.

-

Disc 2

イヴァン・チェレプニン - Ivan Tcherepnin (1943-1998)

**:**
風は全くなかった
1.

There Was No Wind

録音: 17-19 March 2021, Boulez Saal, Berlin
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10198126

アレクサンドル・チェレプニン - Alexander Tcherepnin (1899-1977)

**:**
ピアノ五重奏曲 ト長調 Op. 44

Piano Quintet in G Major, Op. 44

録音: 17-19 March 2021, Boulez Saal, Berlin
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10198127
**:**
»  I. Allegro
2.

-

**:**
»  II. Allegretto
3.

-

**:**
»  III. Allegro - Vivace
4.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2023/07/01
ロシアの音楽一家「チェレプニン家」の3世代にわたる作品を紹介するアルバム。ニコライ・チェレプニンはサンクトペテルブルク出身。サンクトペテルブルク音楽院にてニコライ・リムスキー=コルサコフに師事し、指揮者として1909年から1914年にかけてセルゲイ・ディアギレフのロシア・バレエ団に参加しました。1918年にグルジア(現ジョージア)にわたり、その後パリへ亡命。フランス印象主義音楽の影響を採り入れたロマンティックな作品を遺しています。ニコライの息子アレクサンドルもサンクトペテルブルク出身。ニコライから音楽を学ぶとともに、父がかかわっていたバレエ・リュスの関係者から多大な影響を受けました。パリではフランス6人組と親交を持ち、その後はロシアやアゼルバイジャン、ペルシャなどの民謡を採取、1930年代には日本を含むアジアを訪れ、若手作曲家の指導を行っています。アレクサンドルの三男であるイヴァンも幼い頃から音楽に親しんできました。7歳の時に両親がデポール大学で教職を得たのに伴いシカゴに移住、ハーバード大学でレオン・キルヒナーに師事、ヨーロッパではピエール・ブーレーズ、カールハインツ・シュトックハウゼンのレッスンを受け、1972年にはハーバード大学、電子音楽スタジオのディレクターに就任、亡くなるまでこの職にありました。このアルバムにはシェーンベルクを思わせるソプラノ独唱付きの弦楽四重奏曲を収録。後期ロマン派から20世紀後半まで、時代とともに変化する作曲スタイルがつぶさにわかる好企画といえるでしょう。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。