ホーム > アルバム > C71004 ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第1番/ムツェンスク郡のマクベス夫人(スピヴァコフ/ケルン・ギュルツェニヒ・フィル/コンロン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
C71004
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
ドミートリー・ショスタコーヴィチ Dmitry Shostakovich
編曲者
ジェイムズ・コンロン James Conlon
アーティスト
ケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団 Cologne Gürzenich Orchestra , ジェイムズ・コンロン James Conlon , ウラディーミル・スピヴァコフ Vladimir Spivakov

ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第1番/ムツェンスク郡のマクベス夫人(スピヴァコフ/ケルン・ギュルツェニヒ・フィル/コンロン)

SHOSTAKOVICH, D.: Violin Concerto No. 1 / Lady Macbeth of the Mtsensk District (Spivakov, Cologne Gurzenich Philharmonic, Conlon)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/C71004

全トラック選択/解除

Disc 1

ドミートリー・ショスタコーヴィチ - Dmitry Shostakovich (1906-1975)

**:**
ヴァイオリン協奏曲第1番 イ短調 Op. 77

Violin Concerto No. 1 in A Minor, Op. 77

録音: 26-29 August 2000, Philharmonie, Cologne, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/265626
**:**
»  I. Nocturne: Adagio
1.

-

**:**
»  II. Scherzo: Allegro non troppo
2.

-

**:**
»  III. Passacaglia: Andante
3.

-

**:**
»  IV. Burlesca: Allegro con brio
4.

-

Disc 2

ドミートリー・ショスタコーヴィチ - Dmitry Shostakovich (1906-1975)

**:**
歌劇「ムツェンスク郡のマクベス夫人」 Op. 29 (編曲:J. コンロン)

Lady Macbeth of the Mtsensk District, Op. 29 (arr. J. Conlon)

録音: 26-29 August 2000, Philharmonie, Cologne, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/265627
**:**
»  I. Im Hof der Ismailows (In the Court of the Ismailovs …)
1.

-

**:**
»  II. Gefahrliche Spannung (Dangerous Tension …)
2.

-

**:**
»  III. Katerina und Sergei I (Katerina and Sergei I …)
3.

-

**:**
»  IV. Passacaglia …
4.

-

**:**
»  V. Katerina und Sergei II (Katerina and Sergei II …)
5.

-

**:**
»  VI. Der Trunkenbold (The Drunkard …)
6.

-

**:**
»  VII. Anrucken der Polizei (arrival of the Police …)
7.

-

**:**
»  VIII. In der Verbannung (In Exile …)
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: f r o g 投稿日:2011/02/06
ショスタコーヴィッチのヴァイオリン協奏曲は、お上に睨まれると、察知して一時はお蔵に入れて、演奏されなかった。暗く、爆発もし、祈りも込められた秀作。3楽章カデンツァは、ソロの白眉、技量が試されます。時代の変化とともに後にようやく、発表された難曲で、今はよく演奏されてます。ムツエンスク郡のマクベス夫人は、もともとオペラで、過激、当時の支配層の怒りを買い、これも、発表まかりならぬとの憂き目に遭いました。そこは、ショスタコーヴィッチ、「カタリーナ・イズマイノワ」と名前を変えて発表しました。コンロンアレンジの管弦楽盤ですが、若き、怖いもの知らずのショスタコーヴィッチの激しい音楽が、展開されています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。