ホーム > アルバム > C71039-40 ショスタコーヴィチ:交響曲第14番、第15番(ケルン・ギュルツェニヒ管/キタエンコ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
C71039-40
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
インタビュー, 交響曲/管弦楽曲
作曲家
ドミートリー・ショスタコーヴィチ Dmitry Shostakovich , 不詳 Anonymous
作詞家
ギヨーム・アポリネール Guillaume Apollinaire , フェデリコ・ガルシア・ロルカ Federico García Lorca , W・クシェルベッカー Wilhelm Küchelbeker , ライナー・マリア・リルケ Rainer Maria Rilke
アーティスト
ドミートリー・キタエンコ Dmitri Kitayenko , ケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団 Cologne Gürzenich Orchestra , アルチュン・コチニャン Arutjun Kotchinian , マリーナ・シャーグチ Marina Shaguch , シュテファン・ラング Stefan Lang

ショスタコーヴィチ:交響曲第14番、第15番(ケルン・ギュルツェニヒ管/キタエンコ)

SHOSTAKOVICH, D.: Symphonies Nos. 14, 15 (Cologne Gurzenich Orchestra, Kitaenko)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/C71039-40

全トラック選択/解除

Disc 1

ドミートリー・ショスタコーヴィチ - Dmitry Shostakovich (1906-1975)

**:**
交響曲第14番 ト短調 「死者の歌」 Op. 135

Symphony No. 14, Op. 135

録音: 4-5, 8-12 July 2003, Studio Stolberger Strasse, Cologne, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/268623
**:**
»  I. De profundis: Adagio
1.

-

**:**
»  II. Malagueña: Allegretto
2.

-

**:**
»  III. Loreley: Allegro molto
3.

-

**:**
»  IV. The Suicide: Adagio
4.

-

**:**
»  V. On the Watch: Allegretto
5.

-

**:**
»  VI. Madam, look!: Allegretto
6.

-

**:**
»  VII. In the Sante Prison: Adagio
7.

-

**:**
»  VIII. Reply of the Zaporozhye Cossacks to the Sultan of Constantinople: Allegro
8.

-

**:**
»  IX. O Delvig, Delvig!: Andante
9.

-

**:**
»  X. Death of the Poet
10.

-

**:**
»  XI. Conclusion: Moderato
11.

-

Disc 2

ドミートリー・ショスタコーヴィチ - Dmitry Shostakovich (1906-1975)

**:**
交響曲第15番 イ長調 Op. 141

Symphony No. 15 in A Major, Op. 141

録音: 3-7 July 2004, Philharmonie, Cologne, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/268624
**:**
»  I. Allegretto
1.

-

**:**
»  II. Adagio
2.

-

**:**
»  III. Allegretto
3.

-

**:**
»  IV. Adagio
4.

-

不詳 - Anonymous

**:**
ケルン・ショスタコーヴィチ・プロジェクトについてのインタビュー
5.

Interview on the Cologne Shostakovich Project

録音: 3-7 July 2004, Philharmonie, Cologne, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/268625
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: f r o g 投稿日:2011/03/04
ショスタコーヴィッチの交響曲14番は、晩年、世の締め付けも少し、軽くなった1969年に作曲されています。しかし、当時の社会主義体制で「死」を扱う事は、タブーでありましたでしょう、全て歌付き。自らの死の、そう遠くないことを感じつつ、世への失望、連れ去られ、牢獄で死した人々の悲惨さ、多くの人を虐殺した独裁者をクソミソに暗喩しつつ、様々な音楽的手法を使って、迫りくる死を描いています。色々あったが、生きてこられたからこそ、著された、怒りと諦めの名作。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。