ホーム > アルバム > C734082I R. シュトラウス:歌劇「カプリッチョ」(デラ・カーザ/カーンス/クメント/ベリー/ウィーナー/ルートヴィヒ/クライン/ポップ/ウンダーリッヒ/ウィーン国立歌劇場管/プレートル)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
C734082I
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
リヒャルト・シュトラウス Richard Strauss
作詞家
クレメンス・クラウス Clemens Krauss , リヒャルト・シュトラウス Richard Strauss
アーティスト
オットー・ヴィーナー Otto Wiener , ウィーン国立歌劇場管弦楽団 Vienna State Opera Orchestra , フリッツ・ウンダーリッヒ Fritz Wunderlich , ロバート・カーンス Robert Kerns , ワルデマール・クメント Waldemar Kmentt , ペーター・クライン Peter Klein , ハンス・クリスティアン Hans Christian , フィリッツ・スペルバウアー Fritz Sperlbauer , リーザ・デラ・カーザ Lisa Della Casa , リュボミール・パンチェフ Ljubomir Pantscheff , ハラルト・プレークルホフ Harald Pröglhöf , ジークフリート・ルドルフ・フレーゼ Siegfried Rudolf Frese , ジョルジュ・プレートル Georges Prêtre , ウォルター・ベリー Walter Berry , アロイス・ペルネルシュトルファー Alois Pernerstorfer , ルチア・ポップ Lucia Popp , エーリヒ・マイクート Erich Majkut , アウグスト・ヤレッシュ August Jaresch , ハーバート・ラックナー Herbert Lackner , クリスタ・ルートヴィヒ Christa Ludwig

R. シュトラウス:歌劇「カプリッチョ」(デラ・カーザ/カーンス/クメント/ベリー/ウィーナー/ルートヴィヒ/クライン/ポップ/ウンダーリッヒ/ウィーン国立歌劇場管/プレートル)

STRAUSS, R.: Capriccio [Opera] (Della Casa, Kerns, Kmentt, Berry, Wiener, Ludwig, Klein, Popp, Wunderlich, Vienna State Opera Orchestra, Prêtre)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/C734082I

全トラック選択/解除

Disc 1

リヒャルト・シュトラウス - Richard Strauss (1864-1949)

**:**
歌劇「カプリッチョ」 Op. 85, TrV 279

Capriccio, Op. 85, TrV 279

録音: 21 March 1964, Live recording
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4627014
**:**
»  Introduction
1.

-

**:**
»  Scene 1: Bezaubernd ist sie heute wieder! (Flamand, Olivier)
2.

-

**:**
»  Scene 1: Bei sanfter Musik schlaft sich's am besten (Director, Olivier, Flamand)
3.

-

**:**
»  Scene 2: Der Strom der Tone trug mich fort (Countess, Count)
4.

-

**:**
»  Scene 3: Die Buhne ist furtig, wir konnen beginnen (Director, Count, Countess, Flamand, Olivier, Clarion)
5.

-

**:**
»  Scene 4: Ihr geht (Clairon, Count)
6.

-

**:**
»  Scene 4: Bravo! Bravo! Sie sind wirklich kein Laie (Clairon, La Roche, Countess, Flamand, Olivier)
7.

-

**:**
»  Scene 5: Kein Andres, das mir so im Herzen loht (Count, Flamand, Olivier)
8.

-

**:**
»  Scene 6: Wie schon die Worte, kaum kenn' ich sie wieder! (Countess, Olivier, Flamand, Director)
9.

-

**:**
»  Scene 7: Verraten hab' ich meine Gefuhle! (Flamand, Countess)
10.

-

**:**
»  Scene 7: Wir werden die Schokolade hier (Countess)
11.

-

**:**
»  Scene 8: Welch' kostliche Begegnung! (Count, Countess, Director, Olivier Clairon)
12.

-

**:**
»  Scene 9: Dance I: Passepied: Was sagt Ihr! Die personafizierte Grazie - Dance II: Gigue: Wie soll ich dir danken (Director, Olivier, Clairon)
13.

-

**:**
»  Scene 9: Dance III: Gavotte: Eure Kunst entzuckt und begeistert mich - Fugue: Discussion on the Theme: Words or Music: Tanz und Musik (Olivier, Flamand, Director, Count, Countess, Clairon)
14.

-

**:**
»  Scene 9: Duet of the Italian Singers: Addio, mia vita, addio (Tenor, Soprano)
15.

-

Disc 2

リヒャルト・シュトラウス - Richard Strauss (1864-1949)

**:**
歌劇「カプリッチョ」 Op. 85, TrV 279

Capriccio, Op. 85, TrV 279

録音: 21 March 1964, Live recording
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4627014
**:**
»  Scene 9: Darf ich Sie nach Paris zuruckbringen (Count, Clairon, Countess, Director, Olivier, Flamand)
1.

-

**:**
»  Scene 9: Octet, Part 2: Dispute: Ensemble - Aber so hort doch! (Director, Olivier, Flamand, Count, Countess, Tenor, Soprano, Clairon)
2.

-

**:**
»  Scene 9: Hola! ihr Streiter in Apoll! (Director)
3.

-

**:**
»  Scene 10: La Roche, du bist gross, du bist monumental! (Clairon, Olivier, Flamand, Countess, Count, Director)
4.

-

**:**
»  Scene 11: Adieu La Roche! (Clairon, Olivier, Flamand, Countess, Count, Director, Major-Domo)
5.

-

**:**
»  Scene 12: Herr Director! (Monsieur Taupe, Major-Domo)
6.

-

**:**
»  Mondscheinmusik
7.

-

**:**
»  Scene 13: Wo ist mein Bruder? (Countess, Major-Domo)
8.

-

**:**
»  Scene 13: Morgen mittag um elf! (Countess)
9.

-

**:**
»  Scene 13: Ihre Liebe schlagt mir entgegen (Countess, Major-Domo)
10.

-

 

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。