ホーム > アルバム > C968191 R. シュトラウス:交響詩「ドン・キホーテ」/チェロ・ソナタ(ミュラー=ショット/メルボルン響/シュフ/A. デイヴィス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
C968191
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽, 交響曲/管弦楽曲
作曲家
リヒャルト・シュトラウス Richard Strauss
編曲者
不詳 Anonymous
アーティスト
ヘルベルト・シュフ Herbert Schuch , アンドリュー・デイヴィス Andrew Davis , ダニエル・ミュラー=ショット Daniel Müller-Schott , メルボルン交響楽団 Melbourne Symphony Orchestra

R. シュトラウス:交響詩「ドン・キホーテ」/チェロ・ソナタ(ミュラー=ショット/メルボルン響/シュフ/A. デイヴィス)

STRAUSS, R.: Don Quixote / Cello Sonata (Müller-Schott, H. Schuch, Melbourne Symphony, A. Davis)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/C968191

全トラック選択/解除

リヒャルト・シュトラウス - Richard Strauss (1864-1949)

**:**
チェロ・ソナタ ヘ長調 Op. 6, TrV 115

Cello Sonata in F Major, Op. 6, TrV 115

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7224133
**:**
»  I. Allegro con brio
1.

-

**:**
»  II. Andante ma non troppo
2.

-

**:**
»  III. Finale: Allegro vivo
3.

-

 
**:**
「最後の花びら」よりの8つの歌 Op. 10, TrV 141 - 第1曲 献呈(チェロとピアノ編)
4.

8 Gedichte aus Letzte Blätter, Op. 10, TrV 141: No. 1. Zueignung (arr. for cello and piano)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7224134
 
**:**
5つの歌 Op. 32, TrV 174 - 第1曲 ぼくは愛を持ち歩く(チェロとピアノ編)
5.

5 Lieder, Op. 32, TrV 174: No. 1. Ich trage meine Minne (arr. for cello and piano)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7224135
 
**:**
交響詩「ドン・キホーテ」 Op. 35, TrV 184

Don Quixote, Op. 35, TrV 184

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7224136
**:**
»  Introduction -
6.

-

**:**
»  Theme -
7.

-

**:**
»  Maggiore -
8.

-

**:**
»  Variation 1: Das Abenteur mit den Windmühlen -
9.

-

**:**
»  Variation 2: Der Kampf gegen die Hammelherde -
10.

-

**:**
»  Variation 3: Gespräche zwischen Ritter und Knappe -
11.

-

**:**
»  Variation 4: Das Abenteuer mit der Prozession von Büßern -
12.

-

**:**
»  Variation 5: Don Quixotes Wacht in der Sommernacht -
13.

-

**:**
»  Variation 6: Die verzauberte Dulzinea -
14.

-

**:**
»  Variation 7: Der Ritt durch die Luft -
15.

-

**:**
»  Variation 8: Die Fahrt auf dem verzauberten Nachen [Barcarolle] -
16.

-

**:**
»  Variation 9: Der Kampf gegen die vermeintlichen Zauberer: der Angriff auf die Mönche -
17.

-

**:**
»  Variation 10: Zweikampf mit dem Ritter vom blanken Monde: Heimkehr des geschlagenen Don Quixote -
18.

-

**:**
»  Finale: Don Quixotes Tod
19.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2019/04/01
ダニエル・ミュラー=ショット、こだわりのリヒャルト・シュトラウス作品集2017年、ダニエル・ミュラー=ショットがオーストラリアで演奏した「ドン・キホーテ」。一度は別のアルバムの一部としてリリースされたものの、「リヒャルト・シュトラウスのチェロ作品だけでリリースしたい」という彼自身の希望で、Orfeoレーベルより新たな組み合わせで発売されることとなりました。新カップリングは初期の作品である「チェロ・ソナタ」と、このアルバムのために編曲したという「献呈」と「愛を抱いて」の2曲の歌曲のチェロ版というもの。33歳の時に作曲された描写的な「ドン・キホーテ」は、シュトラウスの作曲技法の円熟を示すとともに、彼がどれほどチェロの音色を愛していたかの証明ともいえるユニークな作品で、ミュラー=ショットは色彩豊かな音色を駆使し、シュトラウスの描いた世界を表現しています。バックを務めるメルボルン交響楽団はオーストラリアを代表するオーケストラの一つ。音楽監督を務めるアンドリュー・デイヴィスのもと、毎年150回以上のライヴ・コンサートを行いテレビ、ラジオ放送を通じて350万人以上の聴衆に音楽を届けています。サンチョ役を務めるヴィオラのムーアはメルボルン交響楽団の首席奏者です。シュトラウスが18歳の時に彼の友人ハンス・ヴィーハンのために作曲した瑞々しい感性溢れる「チェロ・ソナタ」、および歌曲で伴奏を務めるヘルベルト・シュフはドイツの伝統を継承する実力派。ここではミュラー=ショットとともにシュトラウスの華麗な世界を歌い上げます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。