ホーム > アルバム > C984191 コダーイ/プロコフィエフ/ヒンデミット/ヘンツェ/クラム/カザルス:チェロ作品集(ミュラー=ショット)

コダーイ/プロコフィエフ/ヒンデミット/ヘンツェ/クラム/カザルス:チェロ作品集(ミュラー=ショット)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
C984191
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
パブロ・カザルス Pablo Casals , ジョージ・クラム George Crumb , ゾルターン・コダーイ Zoltán Kodály , パウル・ヒンデミット Paul Hindemith , セルゲイ・プロコフィエフ Sergey Prokofiev , ハンス・ヴェルナー・ヘンツェ Hans Werner Henze , ダニエル・ミュラー=ショット Daniel Müller-Schott
アーティスト
ダニエル・ミュラー=ショット Daniel Müller-Schott

コダーイ/プロコフィエフ/ヒンデミット/ヘンツェ/クラム/カザルス:チェロ作品集(ミュラー=ショット)

Cello Recital: Müller-Schott, Daniel - KODALY, Z. / PROKOFIEV, S. / HINDEMITH, P. / HENZE, H.W. / CRUMB, G. / CASALS, P. (#CelloUnlimited)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/C984191

全トラック選択/解除

ゾルターン・コダーイ - Zoltán Kodály (1882-1967)

**:**
Sonata for Solo Cello, Op. 8

録音: 25-26 September 2017, Studio 2, Beyrischer Rundfunk
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8113605
**:**
»  I. Allegro maestoso ma appassionato
1.

-

**:**
»  II. Adagio (con grand espressione) - Con moto - Tempo I - Più mosso
2.

-

**:**
»  III. Allegro molto vivace
3.

-

セルゲイ・プロコフィエフ - Sergey Prokofiev (1891-1953)

**:**
Cello Sonata in C-Sharp Minor, Op. 134
4.
録音: 9-10 January 2019, Studio 2, Beyrischer Rundfunk
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8113606

パウル・ヒンデミット - Paul Hindemith (1895-1963)

**:**
Cello Sonata, Op. 25, No. 3

録音: 9-10 January 2019, Studio 2, Beyrischer Rundfunk
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8113607
**:**
»  I. Lebhaft, sehr markiert (mit festen Bogenstrichen)
5.

-

**:**
»  II. Mässig schnell, gemächlich (durchweg sehr leise)
6.

-

**:**
»  III. Langsam
7.

-

**:**
»  IV. Lebhafte Viertel (ohne jeden Ausdruck und stets pianissimo)
8.

-

**:**
»  V. Mässig schnell (sehr scharf markierte Viertel)
9.

-

ハンス・ヴェルナー・ヘンツェ - Hans Werner Henze (1926-2012)

**:**
セレナード

Serenade for Cello

録音: 9-10 January 2019, Studio 2, Beyrischer Rundfunk
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8113608
**:**
»  I. Adagio rubato
10.

-

**:**
»  II. Poco allegretto
11.

-

**:**
»  III. Pastorale
12.

-

**:**
»  IV. Andante con moto, rubato
13.

-

**:**
»  V. Vivace
14.

-

**:**
»  VI. Tango
15.

-

**:**
»  VII. Allegro marciale
16.

-

**:**
»  VIII. Allegretto
17.

-

**:**
»  IX. Menuett
18.

-

ダニエル・ミュラー=ショット - Daniel Müller-Schott (1976-)

**:**
カデンツァ
19.

Cadenza

録音: 9-10 January 2019, Studio 2, Beyrischer Rundfunk
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8113609

ジョージ・クラム - George Crumb (1929-)

**:**
Cello Sonata

録音: 9-10 January 2019, Studio 2, Beyrischer Rundfunk
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8113610
**:**
»  I. Fantasia
20.

-

**:**
»  II. Tema pastorale con variazioni
21.

-

**:**
»  III. Toccata
22.

-

パブロ・カザルス - Pablo Casals (1876-1973)

**:**
鳥の歌
23.

El cant dels ocells (Song of the Birds) (version for cello solo)

録音: 9-10 January 2019, Studio 2, Beyrischer Rundfunk
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8113611
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2019/09/01
18世紀初頭に作曲されたJ.S.バッハの「無伴奏チェロ組曲」以降、独奏チェロのための目立った作品は、長い間書かれることがありませんでした。しかし20世紀になると次々にこの分野での名作が次々と出現します。その先鞭をつけたのは、演奏時間30分を超えるコダーイの「無伴奏チェロのためのソナタ」。この曲はミュラー=ショットに言わせるとまさに「エベレスト」であり厳しさの中に美しさを持つ孤高の作品です。その後もヒンデミットやプロコフィエフ、ヘンツェ、カザルス、クラムによるユニークな「無伴奏チェロ作品」が多数生まれており、ミュラー=ショットは「長年にわたって私に影響を与えてきた独奏チェロ作品」であるこれらを紹介するとともに、自身の初の作品「カデンツァ」も併せて披露、アルバム・タイトル「CelloUnlimited=チェロの限界を超える」通りの手に汗握るばかりの凄まじい演奏を聴かせます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。