ホーム > アルバム > CA-21135 ラング:デイ/ワールド・トゥ・カム(ヴァルク/ベイザー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
CA-21135
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
デイヴィッド・ラング David Lang
アーティスト
ケイト・ヴァルク Kate Valk , マヤ・バイザー Maya Beiser

ラング:デイ/ワールド・トゥ・カム(ヴァルク/ベイザー)

LANG, D.: Day (The) / World to Come (K. Valk, Beiser)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/CA-21135

全トラック選択/解除

デイヴィッド・ラング - David Lang (1957-)

**:**
デイ
1.

The Day

録音: 1-21 March 2017, Avatar Studios, New York City, New York, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6206961
 
**:**
ワールド・トゥ・カム
2.

World to Come

録音: 1-21 March 2017, Avatar Studios, New York City, New York, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6206962
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/03/01
アルゼンチン人の父とフランス人の母を持つチェリスト、マヤ・ベイザー。ワシントン・ポスト紙で「アヴァンギャルドを支配する女王」と称えられた彼女は、多くのアーティストとコラボし、TEDでのトークの映像は100万人以上が視聴するなど、その全てが魅力的です。このアルバムはマヤの委託によって制作され、作品は彼女に捧げられています。無伴奏チェロと「私は・・・」という言葉をひたすらつぶやく語りがが絡みつく「The Day」、マヤ本人の本人のヴォーカルをミックスした「World to Come」。どちらも強い印象を残す楽曲です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。