ホーム > アルバム > CC72341 シューマン:ヴァイオリン・ソナタ第1番, 第2番/歌曲編曲集(ロス/ガリャルド)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
CC72341
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
ロベルト・シューマン Robert Schumann
編曲者
ホセ・ガリャルド José Gallardo , ヨーゼフ・ヨアヒム Joseph Joachim , リナス・ロス Linus Roth
アーティスト
ホセ・ガリャルド José Gallardo , リナス・ロス Linus Roth

シューマン:ヴァイオリン・ソナタ第1番, 第2番/歌曲編曲集(ロス/ガリャルド)

SCHUMANN, R.: Violin Sonatas Nos. 1 and 2 / Lieder Arrangements (Roth, Gallardo)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/CC72341

全トラック選択/解除

ロベルト・シューマン - Robert Schumann (1810-1856)

**:**
ヴァイオリン・ソナタ第2番 ニ短調 Op. 121

Violin Sonata No. 2 in D Minor, Op. 121

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/342713
**:**
»  I. Ziemlich langsam - Lebhaft
1.

-

**:**
»  II. Sehr lebhaft
2.

-

**:**
»  III. Leise, einfach
3.

-

**:**
»  IV. Bewegt
4.

-

 
**:**
ヴァイオリン・ソナタ第1番 イ短調 Op. 105

Violin Sonata No. 1 in A Minor, Op. 105

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/342714
**:**
»  I. Mit Leidenschaftlichem Ausdruck
5.

-

**:**
»  II. Allegretto
6.

-

**:**
»  III. Lebhaft
7.

-

 
**:**
リーダークライス Op. 39 - 第1曲 異郷で(L. ロス、J. ガラルドによるヴァイオリンとピアノ編)
8.

Liederkreis, Op. 39: No. 1. In der Fremde (arr. L. Roth and J. Gallardo for violin and piano)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/342715
 
**:**
ミルテの花 Op. 25 - 第15曲 私の心は重く(ヘブライの歌より)(編曲:L. ロス、J. ガラルド)

Myrthen, Op. 25: No. 15. Aus den hebraischen Gesängen (arr. L. Roth and J. Gallardo for violin and piano)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/342716
**:**
»  Myrthen, Op. 25: No. 15. Aus den hebraischen Gesängen (arr. L. Roth and J. Gallardo)
9.

-

 
**:**
ミルテの花 Op. 25 - 第1曲 献呈(編曲:L. ロス、J. ガラルド)
10.

Myrthen, Op. 25: No. 1. Widmung (arr. L. Roth and J. Gallardo for violin and piano)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/342717
 
**:**
12のピアノ小品 Op. 85 - 第12曲 夕べの歌(J. ヨアヒムによるヴァイオリンとピアノ編)
11.

12 Klavierstücke, Op. 85: No. 12. Abendlied (arr. J. Joachim for violin and piano)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/342718
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: 2 カルロス 投稿日:2012/03/15
シューマンのヴァイオリン・ソナタ第2番です。第1番に続いて41才のOp.121が私的演奏会でフェルディナント・ダーヴィドとクララによって初演されたのは1852/3/15でダーヴィトに献呈され、ヨアヒムとクララによる公開演奏は1854/12でした。「短くエネルギッシュに」で始まる序奏から大いなる期待感と共に展開していくのはドイツ出身のリナス・ロスとポルテーニョのホセ・ガジャルドです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。