ホーム > アルバム > CCS45123 ロベルト&クララ・シューマン:ヴァイオリン作品集(孤独)(バール/キム)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
CCS45123
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
クララ・シューマン Clara Schumann , ロベルト・シューマン Robert Schumann
編曲者
不詳 Anonymous
アーティスト
ベンジャミン・キム Benjamin Kim , ニーク・バール Niek Baar

ロベルト&クララ・シューマン:ヴァイオリン作品集(孤独)(バール/キム)

SCHUMANN, R.: Violin Sonatas Nos. 2 and 3 / SCHUMANN, C.: 3 Romances (arr. for violin and piano) (Solitude) (Baar, Kim)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/CCS45123

全トラック選択/解除

ロベルト・シューマン - Robert Schumann (1810-1856)

**:**
ヴァイオリン・ソナタ第3番 イ短調 WoO 27

Violin Sonata No. 3 in A Minor, WoO 2

録音: January / November 2022, MCO Studio 1 Hilversum, Holland, Netherlands
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10214654
**:**
»  I. Ziemlich langsam - lebhaft
1.

-

**:**
»  II. Scherzo: Lebhaft
2.

-

**:**
»  III. Intermezzo: Bewegt, doch nicht zu schnell
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Markirtes, ziemlich lebhaftes Tempo
4.

-

クララ・シューマン - Clara Schumann (1819-1896)

**:**
3つのロマンス Op. 11 (ヴァイオリンとピアノ編)

3 Romances, Op. 11 (arr. for violin and piano)

録音: January / November 2022, MCO Studio 1 Hilversum, Holland, Netherlands
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10224381
**:**
»  No. 1. Romance in E-Flat Minor
5.

-

**:**
»  No. 2. Romance in G Minor
6.

-

**:**
»  No. 3. Romance in A-Flat Major
7.

-

ロベルト・シューマン - Robert Schumann (1810-1856)

**:**
ヴァイオリン・ソナタ第2番 ニ短調 Op. 121

Violin Sonata No. 2 in D Minor, Op. 121

録音: January / November 2022, MCO Studio 1 Hilversum, Holland, Netherlands
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10224382
**:**
»  I. Ziemlich langsam - Lebhaft
8.

-

**:**
»  II. Sehr lebhaft
9.

-

**:**
»  III. Leise, einfach
10.

-

**:**
»  IV. Bewegt
11.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2023/06/01
【ニーク・バールのセカンド・アルバムは、ベン・キムとの共演!】オランダのヴァイオリニスト、ニーク・バールは、デン・ハーグの王立音楽院でフィリップ・グラファン、ペーター・ブラントらに学んだ後、ベルリンにてシュテファン・ピカールやクリストフ・ポッペンの元でさらなる研鑽を積みました。オランダ国内はもとより各国のコンクールで入賞を重ねており、今回がセカンド・アルバムとなります。方やアメリカ出身のピアニスト、ベン・キムは、2006年のミュンヘン国際コンクールで優勝後世界各地で活躍しており、SONYとDECCAからソロ・アルバムもリリースしています。2022/23年シーズンに共演を重ねている2人がここで聴かせるのはシューマン夫妻による作品。最初の1音から、彼らがこれらの作品に傾ける深い情熱が伝わってくるような力演で、両者ともよく歌いながら振幅の大きな表現もぴったりと息の合った、素晴らしいパフォーマンスを聴かせています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。