ホーム > アルバム > CD-1096 モーツァルト:ピアノ協奏曲第9番, 第20番, 第27番/ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番(ハスキル/アッカーマン/ミュンシュ/クレンペラー)(1954 - 1956)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
CD-1096
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン Ludwig van Beethoven , ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト Wolfgang Amadeus Mozart
アーティスト
オットー・アッカーマン Otto Ackermann , オットー・クレンペラー Otto Klemperer , ケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団 Cologne Gürzenich Orchestra , 南西ドイツ放送交響楽団 Northwest German Radio Symphony Orchestra , クララ・ハスキル Clara Haskil , ボストン交響楽団 Boston Symphony Orchestra , シャルル・ミュンシュ Charles Munch

モーツァルト:ピアノ協奏曲第9番, 第20番, 第27番/ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番(ハスキル/アッカーマン/ミュンシュ/クレンペラー)(1954 - 1956)

MOZART / BEETHOVEN: Piano Concertos (Haskil) (1954-1956)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/CD-1096

全トラック選択/解除

Disc 1

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)

**:**
ピアノ協奏曲第9番 変ホ長調 「ジュノーム」 K. 271

Piano Concerto No. 9 in E-Flat Major, K. 271, "Jeunehomme"

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/199358
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Andantino
2.

-

**:**
»  III. Rondo: Presto - Menetto: Presto
3.

-

 
**:**
ピアノ協奏曲第20番 ニ短調 K. 466

Piano Concerto No. 20 in D Minor, K. 466

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/199359
**:**
»  I. Allegro
4.

-

**:**
»  II. Romance
5.

-

**:**
»  III. Rondo: Allegro assai
6.

-

Disc 2

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)

**:**
ピアノ協奏曲第27番 変ロ長調 K. 595

Piano Concerto No. 27 in B-Flat Major, Op. 17, K. 595

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/199360
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Larghetto
2.

-

**:**
»  III. Allegro
3.

-

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン - Ludwig van Beethoven (1770-1827)

**:**
ピアノ協奏曲第3番 ハ短調 Op. 37

Piano Concerto No. 3 in C Minor, Op. 37

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/199361
**:**
»  I. Allegro con brio
4.

-

**:**
»  II. Largo
5.

-

**:**
»  III. Rondo: Presto
6.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: 2 カルロス 投稿日:2010/01/07
1895年1月7日ルーマニアのブカレスト生まれの女流ピアニスト、クララ・ハスキルは、モーツァルトやベートーヴェンが十八番で、早世の天才ピアニストのリパッティが客席にハスキルの姿を見つけ、後に弾くモーツァルトをやめてしまったエピソードは余りにも有名。この2枚組豪華アルバムのライン・アップをご覧頂けば、お好みは別にしてこれ以上の駄弁は無用でしょう。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。