ホーム > アルバム > CD-16304 ヒルデガルト・フォン・ビンゲン:ヴォクス・コスミカ(ヒルンド・マリス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
CD-16304
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽アンサンブル
作曲家
ペーター・アベラール Peter Abelard , ヒルデガルト・フォン・ビンゲン Hildegard of Bingen, , ペッテル・ウトランド・ヨハンセン Petter Udland Johansen
作詞家
ペーター・アベラール Peter Abelard , 新約聖書 Bible - New Testament , ヒルデガルト・フォン・ビンゲン Hildegard of Bingen, , 不詳 Anonymous
アーティスト
ヒルンド・マリス Hirundo Maris

ヒルデガルト・フォン・ビンゲン:ヴォクス・コスミカ(ヒルンド・マリス)

HILDEGARD VON BINGEN: Vox Cosmica (Hirundo Maris)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/CD-16304

全トラック選択/解除

ヒルデガルト・フォン・ビンゲン - Hildegard of Bingen, (1098-1179)

**:**
おお、まことに愛らしき若枝よ(レスポンソリウム)
1.

O tu suavissima virga (Responsorium)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3849307
 
**:**
愛は全てに宿り(アンティフォナ)
2.

Karitas habundat (Antiphona)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3849321
**:**
瞑想曲第1番
3.

Meditation No. 1

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3849322

ペーター・アベラール - Peter Abelard (1079-1142)

**:**
ドロルム・ソラティウム 「サウルとヨナタンへのダヴィデの哀悼の歌」
4.

Dolorum solatium, "Planctus David super Saul et Jonatha"

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3849323
**:**
瞑想曲第2番
5.

Meditation No. 2

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3849324

ヒルデガルト・フォン・ビンゲン - Hildegard of Bingen, (1098-1179)

**:**
アヴェ・マリア(レスポンソリウム)
6.

Ave Maria (Responsorium)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3849325
**:**
瞑想曲第3番
7.

Meditation No. 3

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3849326

ヒルデガルト・フォン・ビンゲン - Hildegard of Bingen, (1098-1179)

**:**
おお、何と驚くべき予見が(アンティフォナ)
8.

O quam mirabilis (Antiphona)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3849329
**:**
瞑想曲第4番
9.

Meditation No. 4

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3849327

ヒルデガルト・フォン・ビンゲン - Hildegard of Bingen, (1098-1179)

**:**
おお、智慧の力よ(アンティフォナ)
10.

O virtus Sapientie (Antiphona)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3849328
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2014/11/01
中世のヨーロッパで最も有名な女性の一人であるビンゲン。彼女はベネディクト会系女子修道院長で、預言者であり医学にも強く、また詩人としても、もちろん作曲家としても途方もない才能を持っていました。彼女の作品はクラシックの分野ではもちろんのこと、ポップスなどの他のジャンルのアーティストにも愛されていて、この神秘的なメロディーをフィーチャーした「新たな創作」はしばしばチャートを賑わしていることもご存知の人が多いことでしょう。このアルバムも、ビンゲンの作品を自由に解釈し、再構築したもので、曲の間にはヒルンド・アンサンブルのメンバーであるヨハンセンの「新曲」が挿入され、更なるイマジネーションを呼び起こしています。いつものように録音の素晴らしさも際立っています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。