ホーム > アルバム > CD50-8701 J.S. バッハ:パルティータ第1番/イタリア協奏曲/イギリス組曲第2番/フランス組曲第6番(シュトゥーダー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
CD50-8701
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
ヨハン・ゼバスティアン・バッハ Johann Sebastian Bach
アーティスト
ミヒャエル・シュトゥーダー Michael Studer

J.S. バッハ:パルティータ第1番/イタリア協奏曲/イギリス組曲第2番/フランス組曲第6番(シュトゥーダー)

BACH, J.S.: Partita No. 1 / Italian Concerto / English Suite No. 2 / French Suite No. 6 (Studer)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/CD50-8701

全トラック選択/解除

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ - Johann Sebastian Bach (1685-1750)

**:**
パルティータ第1番 変ロ長調 BWV 825

Partita No. 1 in B-Flat Major, BWV 825

録音: May 1986, Konservatorium, Berne, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3676004
**:**
»  I. Prelude
1.

-

**:**
»  II. Allemande
2.

-

**:**
»  III. Corrente
3.

-

**:**
»  IV. Sarabande
4.

-

**:**
»  V. Minuet I-II
5.

-

**:**
»  VI. Gigue
6.

-

 
**:**
イタリア協奏曲 ヘ長調 BWV 971

Concerto in the Italian Style in F Major, BWV 971, "Italian Concerto"

録音: May 1986, Konservatorium, Berne, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3676005
**:**
»  I. (Allegro)
7.

-

**:**
»  II. Andante
8.

-

**:**
»  III. Presto
9.

-

 
**:**
イギリス組曲第2番 イ短調 BWV 807

English Suite No. 2 in A Minor, BWV 807

録音: Konservatorium, Berne, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3676006
**:**
»  I. Prelude
10.

-

**:**
»  II. Allemande
11.

-

**:**
»  III. Courante
12.

-

**:**
»  IV. Sarabande
13.

-

**:**
»  V. Bourree I-II
14.

-

**:**
»  VI. Gigue
15.

-

 
**:**
フランス組曲第6番 ホ長調 BWV 817

French Suite No. 6 in E Major, BWV 817

録音: Konservatorium, Berne, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3676007
**:**
»  I. Allemande
16.

-

**:**
»  II. Courante
17.

-

**:**
»  III. Sarabande
18.

-

**:**
»  IV. Gavotte
19.

-

**:**
»  V. Polonaise
20.

-

**:**
»  VI. Bourree
21.

-

**:**
»  VII. Menuet
22.

-

**:**
»  VIII. Gigue
23.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: source 投稿日:2014/11/03
何かバッハの曲でもと思いながら、あれこれ探していて、ジャケット買いならぬジャケット聴きで聴きはじめた。今の時代にはなかなかお目にかかれないような面構え。「パルティータ第一番」の最初で、一気に引きつけられた。弾くテンポや右手と左手の音のバランスが、実に心地よい。
レビュアー: ビー太郎 投稿日:2016/04/23
イギリス組曲第2番を聞きたくてたどり着きました。source さんも書かれていますが実に適切なテンポで音のバランスも素晴らしいです。音離れがよく個々の音も明瞭に聞き取れる優れた演奏且つ録音だと思いました。ミヒャエル・シュトゥーダーさんの音は温かみがあり癒されるバッハになっています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。