ホーム > アルバム > CD93.145 ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」(ハース版)(シュトゥットガルト放送響/シューリヒト)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
CD93.145
CD発売時期
2004年1月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
アントン・ブルックナー Anton Bruckner
アーティスト
カール・シューリヒト Carl Schuricht , シュトゥットガルト放送交響楽団 Stuttgart Radio Symphony Orchestra

ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」(ハース版)(シュトゥットガルト放送響/シューリヒト)

BRUCKNER: Symphony No. 4 (1955)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/CD93.145

全トラック選択/解除

アントン・ブルックナー - Anton Bruckner (1824-1896)

**:**
交響曲第4番 変ホ長調 「ロマンティック」 WAB 104 (1881年稿・ハース版)

Symphony No. 4 in E-Flat Major, WAB 104, "Romantic" (1881 version, ed. R. Haas)

録音: 1955
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/779226
**:**
»  I. Bewegt, nicht zu schnell
1.

-

**:**
»  II. Andante quasi allegretto
2.

-

**:**
»  III. Scherzo: Bewegt
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Bewegt, doch nicht zu schnell
4.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: genjudo52 投稿日:2011/02/11
ただただ音楽のみがある。この曲の決定的名演は、ヴァント/ベルリンフィル盤であろう。そこには、最高の指揮とそれに堪える最高のオーケストラがある。この演奏からは、指揮者もオーケストラも感じられない。ただただ、音楽だけがある。それこそが最高の演奏なのだ。ここまで来ると、神業である。これがシューリヒトの芸術である。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。