ホーム > アルバム > CD93.151 マーラー:交響曲第3番/R. シュトラウス:アルプス交響曲(シュトゥットガルト放送響/シューリヒト)

マーラー:交響曲第3番/R. シュトラウス:アルプス交響曲(シュトゥットガルト放送響/シューリヒト)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
CD93.151
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
リヒャルト・シュトラウス Richard Strauss , グスタフ・マーラー Gustav Mahler
作詞家
伝承 Traditional , フリードリヒ・ニーチェ Friedrich Nietzsche
アーティスト
カール・シューリヒト Carl Schuricht , シュトゥットガルト放送交響楽団 Stuttgart Radio Symphony Orchestra

マーラー:交響曲第3番/R. シュトラウス:アルプス交響曲(シュトゥットガルト放送響/シューリヒト)

MAHLER: Symphony No. 3 / STRAUSS, R.: Eine Alpensinfonie, Op. 64 (1956 / 1960)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/CD93.151

全トラック選択/解除

Disc 1

グスタフ・マーラー - Gustav Mahler (1860-1911)

**:**
交響曲第3番 ニ短調

Symphony No. 3 in D Minor

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/103002
**:**
»  I. Kraftig: Entschieden
1.

-

**:**
»  II. Tempo di menuetto: Sehr massig
2.

-

**:**
»  III. Comodo. Scherzando. Ohne Hast
3.

-

**:**
»  IV. Sehr langsam: Misterioso
4.

-

**:**
»  V. Lustig im Tempo und keck im Ausdruck
5.

-

Disc 2

グスタフ・マーラー - Gustav Mahler (1860-1911)

**:**
交響曲第3番 ニ短調

Symphony No. 3 in D Minor

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/103002
**:**
»  VI. Langsam. Ruhevoll. Empfunden
1.

-

リヒャルト・シュトラウス - Richard Strauss (1864-1949)

**:**
アルプス交響曲 Op. 64, TrV 233

Eine Alpensinfonie, Op. 64, TrV 233

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/103003
**:**
»  I. Nacht: Lento
2.

-

**:**
»  II. Sonnenaufgang: Festes Zeitmass, massig langsam
3.

-

**:**
»  III. Der Anstieg: Sehr lebhaft und ernergisch
4.

-

**:**
»  IV. Eintritt in den Wald
5.

-

**:**
»  V. Wanderung neben dem Bache
6.

-

**:**
»  VI. Am Wasserfall: Sehr lebhaft
7.

-

**:**
»  VII. Erscheinung
8.

-

**:**
»  VIII. Auf blumige Wiesen: Sehr lebhaft
9.

-

**:**
»  IX. Auf der Alm: Massig schnell
10.

-

**:**
»  X. Durch Dickicht und Gestrupp auf Irrwegen
11.

-

**:**
»  XI. Auf Dem Gletscher: Festes, sehr lebhaftes Zeitmass - un poco maestoso
12.

-

**:**
»  XII. Gefahrvolle Augenblicke: A tempo, lebhafter als vorher
13.

-

**:**
»  XIII. Auf dem Gipfel
14.

-

**:**
»  XIV. Vision: Fest und gehalten
15.

-

**:**
»  XV. nebel steigen auf: Etwas weniger breit
16.

-

**:**
»  XVI. Die Sonne verdustert sich allmahlich
17.

-

**:**
»  XVII. Élégie: Moderato espressivo
18.

-

**:**
»  XVIII. Stille vor dem Stum
19.

-

**:**
»  XIX. Gewitter und Sturm. Abstieg. Schnell und heftig
20.

-

**:**
»  XX. Sonnenuntergang
21.

-

**:**
»  XXI. Ausklang: Etwas breit und getragen
22.

-

**:**
»  XXII. Nacht: Breit - Sehr langsam
23.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: sammy 投稿日:2012/10/13
マーラーの交響曲第3番を聞きました。1960年ライブ録音ですがモノラルながらきわめて鮮明で、マーラーのこの複雑な音楽を鑑賞するのに十分と思います。またこの作品があまり知られていなかった頃の演奏故か、特に最初の楽章は不慣れさもあるものの、それを超えてキビキビして実に生き生きと隅々まで歌うような音楽に、演奏者たちの共感が伝わってきて、巨大で聴きにくいともいえるこの作品を美しい終結まで一挙に聞かせていきます。シューリヒトというとブルックナーの印象が強いですが、このマーラーも素晴らしいと思いました。随所に新鮮な解釈が見られるのも楽しく、マーラー演奏の素晴らしい遺産の一つと言ってよいのでは、と思います。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。