ホーム > アルバム > CD98.610 パッヘルベル/ベック/フンメル/アーベルト/ケレメン:17-20世紀の管弦楽作品集(ホフシュテッター)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
CD98.610
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ヨハン・ジョゼフ・アーベルト Johann Joseph Abert , ミルコ・ケレメン Milko Kelemen , ヨハン・パッヘルベル Johann Pachelbel , ヨハン・ネポムク・フンメル Johann Nepomuk Hummel , フランツ・イグナーツ・ベック Franz Ignaz Beck
編曲者
フォルクマール・フィリッチェ Volkmar Fritsche
アーティスト
レンゲル・ヴェルデリンク Renger Woelderink , ウォルフガング・クスマウル Wolfgang Kussmaul , シュトゥットガルト室内管弦楽団 Stuttgart Chamber Orchestra , クラウス・フォン・ニスヴァント Klaus von Niswandt , ジュリア・ネーアー Julia Neher , ベンジャミン・ハドソン Benjamin Hudson , ミハエル・ホフシュテッター Michael Hofstetter

パッヘルベル/ベック/フンメル/アーベルト/ケレメン:17-20世紀の管弦楽作品集(ホフシュテッター)

Orchestral Music (17th-20th Centuries) - PACHELBEL, J. / BECK, F.I. / HUMMEL, J.N. / ABERT, J.J. / KELEMEN, M. (Stuttgart Compositions) (Hofstetter)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/CD98.610

全トラック選択/解除

ヨハン・パッヘルベル - Johann Pachelbel (1653-1706)

**:**
カノンとジーグ

Canon and Gigue

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/435706
**:**
»  Canon
1.

-

**:**
»  Gigue
2.

-

フランツ・イグナーツ・ベック - Franz Ignaz Beck (1734-1809)

**:**
交響曲 ニ短調 Op. 3 No. 5

Symphony in D Minor, Op. 3, No. 5

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/445302
**:**
»  I. Allegro moderato
3.

-

**:**
»  II. Andantino
4.

-

**:**
»  III. Menuett I-II
5.

-

**:**
»  IV. Presto
6.

-

ヨハン・ネポムク・フンメル - Johann Nepomuk Hummel (1778-1837)

**:**
ポプリ Op. 94
7.

Potpourri (mit Fantasie), Op. 94

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/445303

ヨハン・ジョゼフ・アーベルト - Johann Joseph Abert (1832-1915)

**:**
コントラバスと管弦楽のための変奏曲(編曲:V. フリッチェ)

Variations for Double Bass and Orchestra (arr. V. Fritsche)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/445304
**:**
»  I. Andantino
8.

-

**:**
»  II. Thema - Variations 1-3
9.

-

**:**
»  III. Rondo: Allegro
10.

-

ミルコ・ケレメン - Milko Kelemen (1924-)

**:**
シュトゥットガルト・イマジネーション
11.

A Stuttgart Imagination

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/445305
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: 2 カルロス 投稿日:2011/09/30
マンハイム楽派の祖ヨハン・シュターミッツ一門の逸材フランツ・ベックは、伝記によれば、嫉妬がらみの決闘事件が因で故郷マンハイムを捨てたとか、逃亡先ではパトロンの愛嬢との駆落ち騒動など、何かと話題の多い楽人のようですが、真相はともかく人生の後半を革命前後のフランスで過ごし、波乱万丈の生涯に幾多の佳品を残していますので8.554071 や8.570799とも併せてどうぞ。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。