ホーム > アルバム > CDAccordACD197 ルトスワフスキ:交響曲第3番/交響的変奏曲/シロンスクの3章/小組曲(ズベル/ヴロツワフ・フィル/カスプシク)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
CDAccordACD197
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲, 交響曲/管弦楽曲
作曲家
ヴィトルト・ルトスワフスキ Witold Lutosławski
作詞家
伝承 Traditional , 不詳 Anonymous
アーティスト
ヴロツワフ・フィルハーモニー合唱団 Wroclaw Philharmonic Choir , ヴロツワフ・フィルハーモニー管弦楽団 Wrocław Philharmonic Orchestra , ヤチェク・カスプシク Jacek Kaspszyk , アガタ・ズベル Agata Zubel

ルトスワフスキ:交響曲第3番/交響的変奏曲/シロンスクの3章/小組曲(ズベル/ヴロツワフ・フィル/カスプシク)

LUTOSŁAWSKI, W.: Opera Omnia, Vol. 5 -Symphony No. 3 / Symphonic Variations / Silesian Triptych / Little Suite (Zubel, Wrocław Philharmonic, Kaspszyk)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/CDAccordACD197

全トラック選択/解除

ヴィトルト・ルトスワフスキ - Witold Lutosławski (1913-1994)

**:**
交響曲第3番
1.

Symphony No. 3

録音: 24-27 June 2013, Witold Lutoslawski Philharmonic Concert Hall, Wroclaw, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3494860
 
**:**
ラクリモサ
2.

Lacrimosa

録音: 2-4 December 2013, Witold Lutoslawski Philharmonic Concert Hall, Wroclaw, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3494861
 
**:**
交響的変奏曲
3.

Symphonic Variations

録音: 23-25 September 2013, Witold Lutoslawski Philharmonic Concert Hall, Wroclaw, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3494862
 
**:**
シロンスクの3章

Silesian Triptych

録音: 2-4 December 2013, Witold Lutoslawski Philharmonic Concert Hall, Wroclaw, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3494863
**:**
»  No. 1. Oj, mi sie owiesek
4.

-

**:**
»  No. 2. Ach, w tej studni
5.

-

**:**
»  No. 3. Kukuleczka kuka
6.

-

 
**:**
小組曲

Little Suite

録音: 23-26 January 2012, Witold Lutoslawski Philharmonic Concert Hall, Wroclaw, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3494864
**:**
»  I. Fujarka (Piccolo)
7.

-

**:**
»  II. Hurra Polka
8.

-

**:**
»  III. Piosenka (Song)
9.

-

**:**
»  IV. Tanice (Dance)
10.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2014/02/01
2013年のルトスワフスキ生誕100年を記念して制作された作品全集の第5集。声楽を含む作品と、交響曲第3番を始めとした多彩な作品が収録されています。交響曲第3番は独自の作風が完全に確立された80年代の作品ですが、70年代にスケッチは用意されており、ずっと熟成された後に形となったものです。最初期の作品「ラクリモサ」は短いながらも穏やかで美しい曲。同じ頃の「交響的変奏曲」もまだ調性感を残した印象的な音楽であり、シェーンベルクやストラヴィンスキーの影響も感じられる興味深い作品です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。