ホーム > アルバム > CDAccordACD237 エーシャウテ:小品ソナタ/ヴィウコミルスキ:バラードとラプソディ/マッツ:四重奏曲 ニ短調/ピアッティ:休日に(ポーリッシュ・チェロ四重奏団)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
CDAccordACD237
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
カジミエージュ・ヴィウコミルスキ Kazimierz Wilkomirski , プロスペル・ファン・エーシャウテ Prosper van Eechaute , アルフレード・ピアッティ Alfredo Piatti , ルドルフ・マッツ Rudolf Matz
アーティスト
ポーランド・チェロ四重奏団 Polish Cello Quartet

エーシャウテ:小品ソナタ/ヴィウコミルスキ:バラードとラプソディ/マッツ:四重奏曲 ニ短調/ピアッティ:休日に(ポーリッシュ・チェロ四重奏団)

EECHAUTE, P. van: Pièce Sonate / WILKOMIRSKI, K.: Ballade and Rhapsody / MATZ, R.: Quartet in D Minor / PIATTI, A.: In vacanza (Polish Cello Quartet)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/CDAccordACD237

全トラック選択/解除

プロスペル・ファン・エーシャウテ - Prosper van Eechaute (1904-1964)

**:**
小品ソナタ Op. 9
1.

Pièce Sonate, Op. 9

録音: 28-30 June 2016, KGHM Main Hall of the Witold Lutosławski National Forum of Music, Wrocław, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5635041

ルドルフ・マッツ - Rudolf Matz (1901-1988)

**:**
四重奏曲 ニ短調

Quartet in D Minor

録音: 28-30 June 2016, KGHM Main Hall of the Witold Lutosławski National Forum of Music, Wrocław, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5652400
**:**
»  I. Allegro
2.

-

**:**
»  II. Intermezzo: Andante
3.

-

**:**
»  III. Menuetto: Allegretto
4.

-

**:**
»  IV. Assai drammatico: Andante
5.

-

**:**
»  V. Finale in modo rustico: Allegro
6.

-

**:**
バラードと狂詩曲

Ballade and Rhapsody

録音: 28-30 June 2016, KGHM Main Hall of the Witold Lutosławski National Forum of Music, Wrocław, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5652401
**:**
»  Ballade
7.

-

**:**
»  Rhapsody
8.

-

アルフレード・ピアッティ - Alfredo Piatti (1822-1901)

**:**
休日に

In vacanza

録音: 28-30 June 2016, KGHM Main Hall of the Witold Lutosławski National Forum of Music, Wrocław, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5652402
**:**
»  I. Partenza: Allegro con brio
9.

-

**:**
»  II. Arrivo: Andantino quasi allegretto - Presto
10.

-

**:**
»  III. Danza rustica: Allegro vivo - Meno mosso - Andantino - Presto
11.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2017/04/01
ポーリッシュ・チェロ四重奏団はウッチとカトヴィツェの高等音楽院の卒業生たちをメンバーとし、2011年に創設されたアンサンブルです。この種のアンサンブルがこれまでになかったポーランドでは画期的なことで、活動初期からコンサートや音楽祭で大活躍をしています。2014年からはブロツワフの「ナショナル・フォーラム・オブ・ミュージック」のアンサンブルに認定され、一層の活躍を続けています。4人のメンバーは「チェロ四重奏曲を恒常的なステージ作品にすること」という高い目標を持っており、そのために常にチェロ四重奏曲のレパートリーを探し、図書館や出版社のアーカイヴを求めて各地を訪問、忘れられた作品の発掘を続けています。また現代の作曲家たちともコラボレーションし、時にはジャズ・プレイヤーと共演するなど、その活動は多岐に渡っています。この彼らの初アルバムも、ポーランドの音楽市場において先駆けとなるものです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。