ホーム > アルバム > CDAccordACD240 ペキエル:ミサ曲集(ヴロツワフ・バロック・アンサンブル/コセンジャク)

ペキエル:ミサ曲集(ヴロツワフ・バロック・アンサンブル/コセンジャク)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
CDAccordACD240
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽アンサンブル, 器楽曲, 室内楽
作曲家
バルトゥオミェイ・ペンキェル Bartłomiej Pękiel
作詞家
ミサ典礼文 Mass Text
アーティスト
ヴロツワフ・バロック・アンサンブル Wrocław Baroque Ensemble , アンジェイ・コセンジャク Andrzej Kosendiak , マルタ・ニーヂヴィエツカ Marta Niedzwiecka

ペキエル:ミサ曲集(ヴロツワフ・バロック・アンサンブル/コセンジャク)

PĘKIEL, B.: Masses (Wrocław Baroque Ensemble, Kosendiak)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/CDAccordACD240

全トラック選択/解除

**:**
14声のミサ曲

Missa a 14

録音: 24-27 June 2016, KGHm Main Hall, Witold Lutosławski National Forum of Music, Wrocław, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5632012
**:**
»  Kyrie
1.

-

**:**
»  Gloria
2.

-

 
**:**
6声のカノン - Tres canones simul cantantur
3.

Canon a 6: Tres canones simul cantantur

録音: 24-27 June 2016, KGHm Main Hall, Witold Lutosławski National Forum of Music, Wrocław, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5649333
 
**:**
ミサ・センツァ・セリモニエ I

Missa senza cerimonie I

録音: 24-27 June 2016, KGHm Main Hall, Witold Lutosławski National Forum of Music, Wrocław, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5649334
**:**
»  Kyrie
4.

-

**:**
»  Gloria
5.

-

**:**
»  Credo
6.

-

**:**
»  Sanctus
7.

-

**:**
»  Agnus Dei
8.

-

 
**:**
6声のカノン - Aliud: Sex vocibus I
9.

Canon a 6: Aliud: Sex vocibus I

録音: 24-27 June 2016, KGHm Main Hall, Witold Lutosławski National Forum of Music, Wrocław, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5649335
 
**:**
復活祭のミサ曲

Missa paschalis

録音: 24-27 June 2016, KGHm Main Hall, Witold Lutosławski National Forum of Music, Wrocław, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5649336
**:**
»  Kyrie
10.

-

**:**
»  Gloria
11.

-

**:**
»  Credo
12.

-

**:**
»  Sanctus
13.

-

**:**
»  Agnus Dei
14.

-

 
**:**
6声のカノン - Aliud: Sex vocibus II
15.

Canon a 6: Aliud: Sex vocibus II

録音: 24-27 June 2016, KGHm Main Hall, Witold Lutosławski National Forum of Music, Wrocław, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5649337
 
**:**
ミサ・センツァ・セリモニエ II

Missa senza le cerimonie II

録音: 24-27 June 2016, KGHm Main Hall, Witold Lutosławski National Forum of Music, Wrocław, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5649338
**:**
»  Kyrie
16.

-

**:**
»  Gloria
17.

-

**:**
»  Credo
18.

-

**:**
»  Sanctus
19.

-

**:**
»  Agnus Dei
20.

-

 
**:**
フーガ
21.

Fugue

録音: 24-27 June 2016, KGHm Main Hall, Witold Lutosławski National Forum of Music, Wrocław, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5649339
 
**:**
ミサ・ラ・ロンバルデスカ

Missa La Lombardesca

録音: 24-27 June 2016, KGHm Main Hall, Witold Lutosławski National Forum of Music, Wrocław, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5649340
**:**
»  Kyrie
22.

-

**:**
»  Gloria
23.

-

**:**
»  Credo
24.

-

**:**
»  Sanctus
25.

-

**:**
»  Agnus Dei
26.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2017/04/01
バロック期のポーランドを代表する作曲家の一人、ペンキェル(不祥-1666頃)は、古都クラクフからワルシャワへと王宮が移転したばかりの1633年頃のワルシャワ宮廷礼拝堂に仕え、最初はオルガニストとして宗教音楽を担当した人です。1654年にスウェーデンがポーランドに侵攻した際はウィーンに逃れ、その後は1658年からヴァヴェル城大聖堂の音楽監督も務め、数多くの作品を残しています。見事なポリフォニーに支えられた彼の作品のいくつは、ウプサラ大学の図書館に保存されており、当時のポーランド音楽を研究するために役立っています。2016年に発売された第1集と同じく、指揮者コセンジャクが知られざる作品の復興に力を尽くしました。古いパレスチナの多声合唱に由来する「ミサ・パスカリス」や、2つの歌い手のグループの対話によるミサなど、当時の演奏法も研究の上に演奏されています。カノンやフーガはペンキェルと同世代の作曲家、マルコ・スカッキによる論文に添付されていたもので、実際に演奏されるためのものではないという研究結果も興味深いものです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。